早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

明るく楽しい勉強会

まとめのまとめ(kyakkyauhuhuhuさん)
・放射能汚染地図、浅間山のクリアファイル・地質図は、きつねの雑貨屋さんから購入できます。

2015年予定
・10月10日 浅間山の風景に書き込まれた歴史を読み解く@長野原町山村開発センター

【“明るく楽しい勉強会”の続きを読む】

2015年の火山噴火

▼桜島

▼箱根山
6月29日1230から翌日まで、100トン、水蒸気性の灰噴火、1.2キロの早雲山駅に10g/m2、4キロまで。
▼浅間山
6月19日17時、10トン、灰噴火、黒斑山カメラレンズに火山灰付着。
6月16日09時、400トン、灰噴火、鎌原観音堂に積灰、13キロまで。
▼口永良部島
6月18日1217、5万トン、ブルカノ式、9キロ東の海上に3センチの火山れき、屋久島一湊に降灰。
5月29日0959、24万トン、ブルカノ式熱雲、海まで。
2014年8月3日 1万トン、ブルカノ式熱雲。
▼御嶽山
2014年9月27日1153、50万トン、ブルカノ式熱雲、63人死亡。

2000年噴火データベース

日本の火山リスク

リスクは被害と発生頻度の積であらわす。過去に起こった顕著な火山災害について、いま起こったときの死者数を被害とし、年代の逆数を発生頻度とみてその災害のリスクを計算した。その結果を都道府県ごとに集計するとこのようになる。

todohuken_201508281057377ab.png

2014年の交通事故死者は、日本全体で4113人だった。日本火山全体のリスクは1655(人/年)だから、交通事故リスクの40%である。ただし都道府県単位で比較すると、青森県・秋田県・群馬県・静岡県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県で火山リスクが交通事故リスクを上回る。高リスク火山から遠いところの府県には火山リスクゼロが多い。火山リスクは、日本列島にあまねくあるのではなく局在している。

日本火山のリスク評価 2014年1月27日

【“日本の火山リスク”の続きを読む】

桜島2015年8月15日レベル4

0700 地震増加
0900 地殻変動加速
0925 解説情報(臨時)
1015 噴火警報 レベル4
1030 地殻変動さらに加速
1047 M2.2地震
1132 M1.7地震
1150 鹿児島市長が避難準備情報
1200 地殻変動緩和
1205 火山課長が記者会見
1315 解説情報
1439 M1.8地震
1446 M2.2地震
1600 解説情報
1650 鹿児島市長が避難勧告

【“桜島2015年8月15日レベル4”の続きを読む】

箱根山2015年ドローン空撮の履歴

▼5月
06日 レベル2
27日 早川、下湯、早雲山
▼6月
20日 神奈川県協力企業2社、大涌谷展望台から、共同通信
29日 噴火
30日 レベル3
▼7月
02日 国土交通省関東地方整備局、大涌谷、共同通信
11日 早川2回目、姥子から大涌谷へ、毎日新聞東京新聞
15日 パオーン、大涌谷展望台から、湯だまり
23日 悪天候のため神奈川県協力企業2社2回目延期
28日 パオーン2回目、大涌谷展望台から
29日 神奈川県協力企業2社2回目、大涌谷展望台から
▼8月
05日 早川3回目、姥子から大涌谷へ
07日 小山、カルデラ内北部、森林被害

御嶽山頂6月10日調査報告(産総研ほか)

第 132 回火山噴火予知連絡会(2015.6.15)提出資料 産業技術総合研究所,山梨県富士山科学研究所,信州大学,帝京平成大学,2015 年6 月10 日の御嶽山山頂調査の速報

1322.png

1323.png

【“御嶽山頂6月10日調査報告(産総研ほか)”の続きを読む】

冠ヶ岳は溶岩ドーム

kanmuri.jpg
冠ヶ岳とそれを取り巻く火口。冠ヶ岳は3800年前の噴火地表にせり上がった溶岩ドーム。その過程で、仙石原一帯を熱雲で焼き尽くした。

sengokubarane.png
冠ヶ岳をつくった3800年前の噴火で熱雲が焼き尽くした範囲。熱雲は、溶岩ドームの上昇に伴って発生する火砕流の一種。マグマが発泡してできた軽石を含まず、少々の凹凸に関係なく地表を薄く覆うのが特徴である。雲仙岳で1991年6月3日に発生した熱雲は43人の命を奪った。西インド諸島のモンプレー山で1902年5月8日発生した熱雲はサンピエール市の全人口2万8000人を殺した。火山で発生するもっとも恐ろしい噴火様式のひとつである。
【“冠ヶ岳は溶岩ドーム”の続きを読む】

大涌谷ドローン空撮2

2015年8月5日

DJI_0098.jpg
大涌谷と観光施設

DJI_0118.jpg

DJI_0125.jpg
大量の水蒸気を吐き出す手前の大きな穴が、6月29日に火山灰を噴出した火口。火口の中には湯だまりがあって沸騰している。火口の周りは噴出物が積もって高くなっている。
【“大涌谷ドローン空撮2”の続きを読む】

大涌谷ドローン空撮

DJI_0085.jpg
2015年7月11日12時52分撮影。黒い丘に囲まれて勢いよく白い水蒸気を吐く大きな穴が、6月29日30日に火山灰を噴き出した火口。これによって噴火警戒レベル3になった。

DJI_0091.jpg
大涌谷核心部。
【“大涌谷ドローン空撮”の続きを読む】

Tephra of Japan


【“Tephra of Japan”の続きを読む】
次のページ

FC2Ad