早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

キラウエアの溶岩が再び国立公園内へ

J21Eruption_081118_L[1]
ハワイ火山観測所によると、キラウエアの溶岩の主たる前進箇所が、11月18日時点で、国立公園まであと375メートルに迫っている。過去1年間は国立公園の外で溶岩前進が見られたが、まもなく国立公園内に再び戻るとみられる。これによって、観光客による溶岩見学のスタイルも変わるだろう。


真っ赤な溶岩をシャベルですくう(2006年12月25日)

ハレマウマウ火口からの水蒸気と二酸化硫黄の大量放出はまだ続いている。狭い火口の底にマグマがまだ確認できる。

スミソニアンの火山レポート

スミソニアン自然史博物館はGlobal Volcanism Programを30年前から運営しています。世界の火山と噴火のデータベースを維持更新するほかに、週間レポート月間レポートを出して新しい情報を世界中に提供しています。

週間レポートは速報です。火曜日締めの情報を水曜日午後に発表します。情報はまずメーリングリストに発表しますが、1-2日で上記ウェブにも掲載します。

月間レポートは詳報です。写真や図を使った丁寧な解説をおよそ2ヵ月後に発表します。白黒印刷の冊子を世界中に約600毎月発送します。上記ウェブにはカラーで掲載しますが、冊子発送日から数えて30日ほどあとになります。

FC2Ad