早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

第3回だらだら火山トーク:カルデラ破局噴火と富士山噴火

2013年6月23日@田町、石黒耀(作家、『死都日本』)、小山真人、井村隆介、早川由紀夫(司会)
ついぷら募集ページ

いままで私たち学者というのは論文を書いて世の中に出すしかなかった。時々テレビからお呼びがかかったり、新聞記者が取材に来てくれて自分の意見をタイムリーに出すとかできたけど、テレビに出ても向こうが用意したシナリオの中で僕らが役者を演じる状況だった。ボクらが独自に何かをプログラムして構成を考えて伝えるという時間がもらえなかった。
 これはテレビではないけれども、テレビに準じたメディアとして2時間半ももらえて「勝手にやっていい」「好きなことを言ってよい」と言われて、ボクたちにフリーハンドがもらえて、非常におもしろかったし、これはかなり画期的なことだと思う。
 インターネットが発達してこういうことを私たち自身でできるようになったのだから、もっと盛んにやって、もし国家的大事になったら学者はもっと出てきて、そして広報する、そういう国にしていきたいとボクは願っている。今日はその第1回目ができて、とても良かった。(2012年3月3日、渋谷

福島23年度甲状腺検査の市町村別データ

甲状腺検査の市町村別データは長いこと隠匿されていたが、2013年4月22日に毎日新聞紙上に初めて公開された。

B060.jpg B040.jpg
(左)福島23年度調査B判定が0.60%を超える4町村(川内、浪江、葛尾、飯館)
(右)福島23年度調査B判定が0.40%を下回る4町(川俣、広野、富岡、双葉)

福島県がすでに述べていたように、B判定割合と放射能汚染に相関を認めることはむずかしい。検査で発見された10人の甲状腺がん(疑いも含む)が、2011年3月の原発事故で生じたとは考えにくい。

f2324.png
A2n判定は、5ミリ以下の結節によってA2判定された数。
【“福島23年度甲状腺検査の市町村別データ”の続きを読む】

FC2Ad