早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

きのうの黒煙を噴火と認める 気象庁

福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は、きのうの桜島昭和火口からの黒煙噴出を、噴火だったと特設ホームページで認めました。

昭和火口付近からの噴火はごく小規模なものです。



これは、昨晩から今朝にかけての新聞各紙の「噴火の兆候なし」報道と大きく矛盾します。

朝日新聞
気象台は「今のところ噴火する兆候はないが、注意深く見守っていきたい」としている。



読売新聞
気象台では「今のところ、噴火する兆候はない。噴煙が一時的なものか今後も続くのかはわからない」としている。



毎日新聞
火山性地震・微動や地殻変動はなく、同気象台は「今のところ噴火など活動が活発化する恐れはない」としている。



原則を言えば、黒煙噴出を気象庁職員が確認したなら、それは噴火です。全国紙三紙がそろって誤報したとは考えられません。昨日、そのような内容の記者会見がおこなわれたのでしょう。

住民ハ理論ニ信頼セス」の再来がないことを祈ります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/1-cd0a1329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad