早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

火口周辺規制を気象庁が決めるのは、おかしい

気象庁の火山ページにある地図には、現在の噴火警報発表状況について、次のように書いてある。

三宅島 (火口周辺危険)
桜島 噴火警戒レベル2 (火口周辺規制)
薩摩硫黄島 噴火警戒レベル2 (火口周辺規制)
口永良部時間 噴火警戒レベル2 (火口周辺規制)
諏訪瀬島 噴火警戒レベル2 (火口周辺規制)


火口周辺危険と火口周辺規制の二種類がある。三宅島は警戒レベルをまだ導入してない火山だから、火口周辺規制ではなく火口周辺危険の記述にとどまるというのが気象庁の説明だ。

火口周辺危険の表記は、よい。しかし火口周辺規制の表記はよくない。この表記だと、規制している主体は気象庁だとしか読めない。警戒レベルを導入した火山についても、火口周辺規制ではなく火口周辺危険と書くべきだ。規制の権限を法律によって付与されているのは地元自治体の長であって、気象庁ではない。この図をみると、あたかも気象庁にその権限があるかのようにみえてしまう。

このような誤解されやすい地図が掲げられるのは、そもそも噴火警戒レベルに付されたキーワードが不適切だからだ。避難、避難準備、規制といった防災対応アクションを意味する語を、気象庁はみずからの発意として使うべきではない。気象庁は、防災対応への口出しをやめ、火山の危険を評価するだけに留まるべきだ。リスク学の言葉で言えば、気象庁がすべきはリスク評価までだ。リスク管理に踏み込んではならない。リスク管理は地元自治体の長が行うと災害対策基本法が明確に規定している。現在の気象庁火山行政は、この法律に抵触している。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/107-babc3cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad