早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

噴火警報の安売り

火山のレベル2は噴火警報として伝達される。そのとき気象庁が期待する住民の行動は「通常の生活」だという。それなら警報にする意味がない。噴火予報と呼んだほうがよい。

過去に雲仙岳や三宅島などで長期間継続したことがあるが、レベル2あるいは3の火山の現状を伝える情報を毎日出すことになったとき、それは噴火警報として出されるのだろうか。もしそうなら警報の安売りにつながる。気象庁は、警告をするだけでなく、火山のいまの状態を迅速かつていねいにわかりやすく伝えることもしてほしい。

以前の火山観測情報は、住民に情報をきめこまかく伝えるシステムとして優れていた。しかし今回の改訂で廃止されてしまった。同様のカテゴリーを復活させる必要性を強く感じる。このままでは、警報を毎日出すわけにはいかないから情報の発表回数を減らす、などといったとんまなことがほんとうに起こりそうだ。

コメント

「火山の状況に関する解説情報」が新設されていました。
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/volcano.html

> 火山活動が活発な場合等、火山性地震や微動回数及び噴火等の火山の状況を知らせる情報。
> 火山活動の状況に応じ適時発表
だそうだから、毎日発表する必要性が生じたら、これを使うのでしょう。

  • 2008/01/31(木) 09:25:48 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/114-bdab82c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad