早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

通常のブルカノ式爆発だった 桜島昭和火口



桜島に行ってきました。有村で、3日もしくは6日の火山灰を観察しました。発泡してない小石を含む典型的なブルカノ式堆積物でした。おととしの昭和火口からの噴火は、静かに灰を降らせる灰噴火でした。今月の3回の噴火は大音響と火砕流を伴うものだったから、特別の噴火かと心配しましたが、とくに変わったことはありません。桜島でごく普通の爆発です。これは安心情報です。

きょう、国土交通省の桜島国際砂防センターを訪問しました。3日の2回の爆発、6日の1回の爆発の模様を動画で見せていただきました。鹿児島では、テレビニュースでも流れたそうです。

なお今回の桜島旅行は1月から予定していたものです。2月3日の昭和火口再開をみて急遽実施したものではありません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/127-b4197d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad