早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

「噴火に関する火山観測報」

気象庁が本日未明、噴火に関する火山観測報というラベルの情報を突然出した。本年1月に新設した火山の状況に関する解説情報との関係は不明だ。あ、ここに説明がある。随時と適時の違いか。わかったような、わからないような。想像するに、噴火に関する火山観測報はおそらく速報なのだろう。

本日未明の桜島観測報には、ひな形にない噴石情報が盛り込まれている。

火  山:桜島
日  時:2008年04月08日00時29分(071529UTC)
現  象:爆発
有色噴煙:火口上1200m(海抜6800FT)
白色噴煙:
流  向:南東
---
A点最大振幅 :2.0μm
爆 発 音 :不明
体 感 空 振 :不明
O点空振計 :不明
D点空振計  :2.3Pa
噴 石 :中量5合目
噴 煙 :中量
火 口 :昭和火口
今年6回目


ここでいう噴石は弾道を描いて空中を飛行した大きな噴石の意味だと思われる。しかし、この程度の爆発なら、2ミリの小さな噴石は島を取り巻く一周道路のどこかに落下しただろう。つまり気象庁自身が先日定義したばかりの噴石は、5合目よりはるかに遠くまで達したことが確実だ。このような不正確な情報は、社会に利益をもたらすより、むしろ混乱させる害毒となる。

気象庁噴石にかかわる前回の文章は4月4日


「弾道を描いて飛散する大きな噴石」に書き直して発表するようになったことを確認しました。

火  山:桜島
日  時:2008年04月11日17時21分(110821UTC)(第2報)
現  象:爆発 
有色噴煙:火口上2200m(海抜10100ft)
白色噴煙:
流  向:南東
---
A点最大振幅 :1.0μm
爆 発 音 :なし
体 感 空 振 :なし
O点空振計 :不明
D点空振計 :0.9Pa
弾道を描いて飛散する大きな噴石:5合目
噴 煙 :やや多量
火 口 :昭和火口
今年7回目

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/151-1ca5807d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad