早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

アサヒコムに駒の湯を襲った土砂くずれの詳細記事 

アサヒコムの今朝の記事『「山が崩れてきた」客が叫び声 駒の湯温泉その時』を読むと、駒の湯にいた人々が被災したときの詳細がよくわかる。

数分が経過しただろうか。「山が崩れてきた」と宿泊客が声をあげて引き返してきた。昭夫さんが外に出て沢向かいの山を見上げると、猛烈な土ぼこりが見えた。

 「これはまずい」。慌てて宿に引き返した。「逃げろ」。大声を上げながら、昭夫さんは2階の自室にあがった。バッグに身の回り品をつめた。近くに落ちていた携帯電話を手につかみ、再び1階に下りて裏口から出ようとすると、水を含んだ土砂が押し寄せてきた。


宿泊客が見たのは、駒の湯の対岸で発生した小規模ながけ崩れだったのだろう。その直後に、「水を含んだ土砂」が上流から一気に大量に押し寄せてきて、それに飲み込まれてしまった。上流から襲った土砂には、それに飲み込まれるまで、駒の湯にいた誰ひとり気づかなかったとみられる。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/01/23(水) 01:54:01 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/173-1371759d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad