早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

神戸の水害を伝えた新聞記事 自然への畏敬を忘れる

橋脚にしがみつき九死に一生 神戸の水害で男性語る アサヒコム

(前略)
能勢さんは「増水は想像を超える速さだった。濁流にのみこまれた人は逃げる間もなかっただろう。こんな悲惨な事故は二度と起きてほしくない」と振り返る。


きのうの神戸の水害で、橋脚にしがみついて助かったひとにインタビューして、そのとき何が起こったのかをありありと描き出した新聞記事だ。しかしそのいい仕事を、最後に置いた一文で台なしにしてしまった。

「こんな悲惨な事故は二度と起きてほしくない」は、助かったひとの発言として書いてあるが、執筆した記者の意思と価値観によって、まとめの言葉として据えられたものである。

新聞記事はこの災害を理知的に生き生きと描写している。しかし、最後のこの一文だけがとってつけたように情緒的だ。誰かに過失があって、そのためにこの悲惨な事故が起きたかのよう読めてしまう。しかし、きのうの水害は誰かに過失があったから起こったのではない。大自然の圧倒的な力にひとが打ちのめされたのだ。

たしかに悲惨な災害だったが、「二度と起きてほしくない」と念じてもそれは叶えられない。このような災害は、ときを置いてかならず繰り返す。ひとのちからでそれを止めることはできない。この記事を書いた記者は、ひとの手が及ばない圧倒的な自然に対する畏敬の念を忘れたように思う。

コメント

人災でもあるようです

おっしゃる通りです。
自然を甘く見てはいけない。

しかし、事故の起こった河川は、上流域が土石流危険渓流になっているそうです。その下流に親水公園を作り、何の警報装置も設置していない。
このような、トンチンカンな行政も信用してはいけない。

  • 2008/08/05(火) 09:51:29 |
  • URL |
  • nomu #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/178-e868b017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad