早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

気象庁による浅間山レベル2と地元市町村の対応

2008年8月8日15時の気象庁噴火警報(これは多分に災害対策基本法に抵触の疑いあり)の発表を受けた浅間山麓市町村の対応をホームページで調べました。

小諸市
8月8日更新。賽の河原分岐点までの登山OK。災害対策基本法63条に言及。

御代田町
8月8日更新。町自身の防災対応に変化なし。4キロ以内立入禁止。法的根拠不明。

軽井沢町
8月8日更新。町自身の防災対応に変化なし。4キロ以内立入禁止。ただし、小浅間山と石尊山は登山OK。法的根拠不明。

長野原町
町自身による最新情報伝達は、なし。防災対応も、なし。気象庁ページへの常設リンクのみ。

嬬恋村
8月8日更新。ただし、レベル2になった事実のアナウンスと気象庁ページへのリンクのみ。ホームページには村の主体性がひとつもみられないが、現地では溶岩樹型からの登山道入口に2キロ以内立入り禁止の看板を立てたという。


レベル2宣言があった8月8日の浅間山は、近頃めずらしく噴煙モクモクで、山頂火口近くはとても濃い火山ガスでした。私たちは火山館に立体模型を設置しました。現地で立体模型を見る愉快を、ぜひご経験ください。火山館は、湯の平1990メートル地点にある小諸市の無料休憩施設です。

IMG_2847s.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/179-b30f3a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad