早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

気象庁が噴火の安売り 浅間山

11日20時05分にも噴火したと、気象庁が20時16分に発表した。有色噴煙が200メートル上がったという。現象発生からわずか11分後の発表である。今回も夜間だった。

噴火に関する火山観測報(浅間山噴火)(2008年08月11日20時16分発表)

火  山:浅間山
日  時:2008年08月11日20時05分(111105UTC)
現  象:噴火
有色噴煙:火口上200m(海抜9100FT)
白色噴煙:
流  向:南


黒斑山カメラアーカイブでその時間帯を見ると、噴火の記録基準を満たす現象が起こったとはとても思えない。

そのうえ気象庁は、同日16時10分に発表した「火山の状況に関する解説情報 4号」に

 次の火山の状況に関する解説情報は、12日(火)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。


と書いたにもかかわらず、5号を随時に出すことはなかった。噴火はあったが、火山活動の状況には変化がなかったと気象庁が判断したと理解せざるを得ない。住民や観光客の感覚から言うと、これはたいへん奇妙である。理解しがたい。気象庁がいう噴火とは、いったい何なのか。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/08/12(火) 09:34:55 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

気象庁にはがっかり

かと思えば霧島では警戒レベル上げたときにはもう噴火してたみたいですね…

  • 2008/08/22(金) 20:00:40 |
  • URL |
  • いわせた #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/187-e42bc5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad