早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

浅間山噴火900周年記念日

きょう2008年8月29日は、平安時代の浅間山噴火からちょうど900年目の日です。

1108年8月29日、前橋にあった国庁の庭に火山灰が厚く降り積もりました。そのため上野国の田畑の多くが使用不能になりました。権中納言藤原宗忠の日記『中右記』に次のようにあることから、浅間山の大噴火がこの日に始まったことがわかります。

近日上野國司進解状云,国中有高山,稱麻間峯,而從治暦間(1065-1069)峯中細煙出來.其後微々成,從今年七月二十一日(1108.8.29)猛火燒山峯,其煙屬天沙礫滿國,【火畏】燼積庭,國内田畠依之已以滅亡,一國之災未有如此事,依希有之怪所記置也.

前橋に降り積もった火山灰を浅間山まで追うと、Bスコリアと呼ばれる黒い軽石に徐々に移り変わります。厚さも増して、軽井沢では1メートルを超えます。

Bスコリアの噴火は、追分火砕流の流出で終わりました。おそらく翌30日だったと思われます。追分火砕流は、軽井沢町追分や嬬恋村大笹に達して厚い堆積物を残しています。

この噴火は、浅間山の過去1万年間のなかで最大の噴火でした。

P1020873s.jpg
嬬恋村大笹の集落は、吾妻川に流入した追分火砕流がつくった段丘の上に形成されている。道路は国道144号。

この噴火についてもっと詳しく知りたい人は:
史料に書かれた浅間山の噴火と災害
風景に書き込まれた歴史を読み解く

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/188-7a88dc1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad