早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

音なしで噴煙突出 2月11日7時59分


2月11日0759の噴煙突出。嬬恋村鎌原から長井隆行さん撮影。音は聞こえなかったという。灰噴火中に発生したサーマルです。

コメント

気象庁の噴火継続に疑問

ご無沙汰しております。以前、まえちゃんねっと火山情報掲示板に投稿していた者です。気象庁は9日11時30分から噴火が連続的に続いていると判断しているようですが、何が根拠なのでしょう?噴火は今日7時57分の微噴火のように、ごく散発的にしか発生していないように見えます。まさか、噴煙中の火山灰の割合をチェックしているとは思えませんし、噴煙中に何%含まれれば噴火とするなどという基準もないと思います。また、東大地震研の連続波形を見ても噴火に伴うと思われる波形もごく散発的にしか確認できません。実に不可思議です。

  • 2009/02/11(水) 22:30:12 |
  • URL |
  • NoNameHorse #8IQ77uOI
  • [ 編集]

噴火継続の判断基準

主に噴煙の色で判断しているのだと思います。噴火に関する火山観測報http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/STOCK/volinfo/gensho.html を読むと「有色噴煙」になっています。有色噴煙は噴煙の中に火山灰を含むから色がついていると解釈されます。火山灰が火口から放出される現象は噴火です。

9日と10日に、じっさいに灰が(少量ながら)降ったのが確認されています。

いまは悪天のため、「有色噴煙:不明、流向:不明」となっています。これは私の想像ですが、地震計の動きに変化がないので(収束していないので)まだ噴火が続いていると気象庁は判断しているのだろうと思います。

  • 2009/02/11(水) 22:45:36 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #-
  • [ 編集]

Re:噴火継続の判断基準

回答ありがとうございます。基本的には有色噴煙での判断、噴煙が見えない場合は地震波形での判断ということですね。定性的には納得ですが、その基準ならば噴火と判断されるべき状況は過去にもあったのではとも言えますね。火口周辺に機器を設置しているのですから、火山灰の含有率を簡易的に測定する装置があってもよさそう(測定面更新とかは難しそうですが)に思います。

  • 2009/02/11(水) 23:22:56 |
  • URL |
  • NoNameHorse #8IQ77uOI
  • [ 編集]

現在おそらく噴火中なのですが

こんにちは。今日16時00分現在、おそらく噴火中と思われますが、気象庁の判断だと噴火ではないのですね。はやりよくわからないです。P.S.別場所からアクセスしています。

  • 2009/02/13(金) 16:07:05 |
  • URL |
  • NoNameHorse #8IQ77uOI
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/212-684cf211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad