早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

気象庁の浅間山解説情報と火山観測報に不調和

気象庁は、17日16時の解説情報56で次のように書いた。

火山名 浅間山 火山の状況に関する解説情報 第56号
平成21年2月17日16時00分 気象庁地震火山部

**(本 文)**
<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>

1.火山活動の状況(16日~17日15時)
 16日13時00分頃、山頂火口でごく小規模な噴火が発生しました。噴煙は火口縁上400メートルに達し東に流れました。
 また、16時35分頃に発生したごく小規模な噴火では、山頂火口の東側山麓でわずかな降灰が確認されました
(以下略)


しかし、火山観測報に16日1635噴火報告はみあたらない。山麓に降灰があったいうが、いったい誰がどこで何を知覚したのだろうか。そして、その情報を気象庁はいつ入手したのだろうか。

噴火に関する火山観測報(浅間山噴火)(2009年02月17日18時39分発表)
噴火に関する火山観測報(浅間山噴火終了)(2009年02月16日14時45分発表)
噴火に関する火山観測報(浅間山噴火継続)(2009年02月16日13時36分発表)
噴火に関する火山観測報(浅間山噴火)(2009年02月16日13時10分発表)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/216-415f47b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad