早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

群馬県の10小中学校が浅間山の積灰調査 2月2日の噴出量は2万トン

群馬県富岡市とその周辺の小学校・中学校あわせて10校が、2月2日の浅間山噴火で学校に降り積もった火山灰を調査しました。その報告書が私の手元にきょう届きました。みると、富岡市内で1平方メートルに52グラムの積灰があったことがわかります。2004年11月14日に渋川の地表を覆った火山灰の濃さとほぼ同じです。

届いたすべてのデータをグーグルマップに整理して、1平方メートルに10グラム以上降り積もった土地の面積を測ったら、160平方キロでした。浅間山が2月2日に噴出した火山灰の全量をこの数値を使って計算すると、2万トンになります。これは、GSJがいう2-3万トンと調和的です。あ、彼らは3-4万トンと、数値をふたたび変更した。


大きな地図で見る
浅間山2009年2月2日の火山灰の分布。浅間山から南東に伸びる灰色線は、火山灰が10g/m2降り積もったところを示す。群馬県内10小中学校での測定による。この図から噴出量を計算すると2万トンになる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/218-0da9117f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad