早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

避難勧告に切り替えて帰宅許可 沖縄中城村

沖縄県の中城村長「もう今日から帰れるというふうに、避難指示から避難勧告に切り替えたことを、ここに皆さんに報告いたします。」(NHKテレビニュースにおける村長発言を忠実に文字化)

これは、おかしい。災害対策基本法60条による避難指示と避難勧告は、危険度の差によるものではない。避難が急を要するか否かの違いによる。避難勧告を出しながら帰宅を認めるというのは、おかしな処置だ。一時帰宅ならその限りにあらず。

第60条 災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、人の生命又は身体を災害から保護し、その他災害の拡大を防止するため特に必要があると認めるときは、市町村長は、必要と認める地域の居住者、滞在者その他の者に対し、避難のための立退きを勧告し、及び急を要すると認めるときは、これらの者に対し、避難のための立退きを指示することができる。


いっぽう那覇市のいまにも崩れ落ちそうなマンションへの立ち入りは引き続き禁止されるそうだが、崩れ落ちないまま数日がたった。1時間でも30分でもいいから大切なもの価値のあるものを取りに帰りたい住民がきっといることだろう。取りに行くことが権力によって封じられたままそれらが失われたとき、いったい補償はあるのだろうか。その損失は自然災害によるとは言えないだろう。


那覇市のマンションに、ようやく一時帰宅が許されたという報道を見ました。20分だけだったという。一時帰宅は明日も実施すると言っていた。(7月1日22時加筆)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/26-13d5a04a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad