早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

ホメオパシーと漢方の違いはどこに?

「世の中には「漢方薬はメカニズムがわからないからニセ科学だ」などと言う人もいるようです。僕たちはそのような立場に与しません。薬が効くか効かないかは、臨床的に研究すればよいのです」  kikulog


ホメオパシーの治療効果は臨床的研究によって帰納的に否定されたのだろうか。8月24日に日本学術会議が発表した会長談話を読んでもわからない。レメディは、成分が1分子も残らないほど希釈しているから効果がある「ハズ」がないと演繹的に下した評価しかみつからない。漢方薬と同じように臨床的研究を待つ態度を、ホメオパシーに対してはなぜとらないのか。

漢方薬には成分がはいっている。しかしそれは薬になるかもしれないが、毒にもなろう。漢方薬が効くメカニズムはわかっていない。薬効の臨床的研究がすべてについて済んでいるわけではない。まだこれからの「薬」も多いらしい。毒かもしれないものを病人に投与してよいのか。毒にも薬にもならないレメディを飲むほうがむしろ安全ではないか。

ホメオパシーには心理的効果・カウンセリング効果があることを、会長談話はなぜ認めなかったのだろうか。心理学は日本学術会議のメンバーではないのですか。

会長談話は、偽薬効果も認めないのだろうか。心理効果をねらって偽薬を処方することがじっさいに医療現場で行われていると聞く。これも否定するのだろうか。

会長談話をもう一度読んでみた。

「プラセボであっても効くのだから治療になる」とも主張されていますが、ホメオパシーに頼ることによって、確実で有効な治療を受ける機会を逸する可能性があることが大きな問題であり、時には命にかかわる事態も起こりかねません



プラセボとは偽薬のことだ。会長談話は偽薬効果を治療に用いることを否定していない。心理学の役割も明示的には否定していない。そして、(ここが重要なことだが)ホメオパシーも否定できていない。会長談話が指摘した弊害は「確実で有効な治療を受ける機会を逸する可能性」のみ。これは何も、ホメオパシーに限ったことではない。当たり前のことだ。漢方薬を飲んですませて、西洋医療を受ける機会を失して重篤になったり死亡した事例だって、探せばあるだろう。

なのに、「こうした理由で、例えプラセボとしても、医療関係者がホメオパシーを治療に使用することは認められません」と会長談話はいう。他のプラセボ(偽薬)は使っていいけどホメオパシーのレメディを使うのはいけないというのだ。ホメオパシーだけがダメなのはなぜなのだろうか。合理的な説明はどこにもみつからない。

会長談話は、最後に結論として、「ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されています」と書いた。この文書はわずか2ページなのに、論理的に破綻している。


・上で書いたホメオパシーの臨床的研究を待つ態度とは、薬効があるかないかではなく心理的効果があるかないかの臨床的研究を意味します。
・偽薬には、薬効がないが心理的な治療効果があるとする立場(あるいは用語法)を私はとります。ホメオパシーで使うレメディは、医療には役に立たないが、治療には役に立つと表現します。
・会長談話は、薬効と医療のみが治療であると定義して書いているようですが、それは「治療」という語にあまりに鈍感だと言わざるを得ません。医療でない治療はいくらでもあります。そして人々に支持されています。

コメント

サーベイ論文

臨床実験のサーベイ論文が、金澤会長の声明文の脚注で参照されていますよ。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16125589

ともかく科学的事実の立証責任はその主張者なので、ホメオパシー推進者が、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験である治験を行い、正規の医薬品として認可されるのが筋だと思います。

なお、ホメオパシーの有効性の議論に、漢方薬の有効性は全く関係ないと思います。ホメオパシーに統計学的な有意性があればよいのです。

また、統計学的な検定を行うと、効果が無いという帰無仮説を棄却できるかも知れませんが、効果があるという帰無仮説は棄却することはできないので、「帰納的に否定された」という事はありえないと思います。「全く立証されていない」と言うのが適切な表現かも知れません。

ホメオパシーの権威である由井寅子氏は、般若心経レメディーなるものを作っていたりするそうですので、そちらも科学者の視点から批判して頂けないかと思います。

その論文はレメディの薬効を否定したものでした。偽薬効果だと言っています。私は、ホメオパシーに心理的な治療効果(すなわち偽薬効果)があるかないかを調べた臨床研究を探しています。上の論文が、レメディに偽薬効果があると認めたものだとみてよいなら、それで十分です。レメディは病気の治療に役に立つことがわかったわけですから。なにも、西洋医学がいう薬効だけが治療ではありません。

  • 2010/09/21(火) 09:20:48 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

金澤会長は医療の専門家として批判を行った

金澤批判は、医療の専門家として予防的・対症療法的にホメオパシーが効果が無いと指摘したものなので、妥当と言えると思います。

プラセボ効果はあるのでしょうが、真実に気づかれたら効果が消えるので、医療分野では全く評価されないようです。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105393057/

また「西洋医学がいう薬効だけが治療ではありません。」との事ですが、金澤批判は現代医療における病気予防や対症療法において、ホメオパシーの効果が無いことを宣言したものに思えます。

金澤氏は現代医療の基準で、ホメオパシーを批判しています。
心理的な癒しなどを加えて評価基準を変えるのであれば、金澤声明への批判は筋が違うと思います。

さて、ちょっと筋とずれますが、歴史的にはホメオパシーは西洋医学で対症療法のはずです。
また、ビタミンK2シロップ未投与問題は3割程度、新生児死亡のリスクを悪化させています。 http://anlyznews.blogspot.com/2010/09/31.html
上述の般若心経レメディーもそうですが、病状が悪化しても好転反応と放置したり、効果も確認していないのに特定の病状に効くと主張したりしています。中には黄熱病や狂犬病に効くと思っているホメオパシー信奉者もいるそうです。
メディアがホメオパシーに批判的になのは、こういう社会問題も考慮した上での事だと思いますよ。

> レメディに偽薬効果があると認めたものだとみてよいなら、それで十分です。レメディは病気の治療に役に立つことがわかったわけですから。

え?偽薬効果が病気の治療に有効?
それを認めると逆にレメディとやらでなくても,鰯の頭だろうが有名選手のホームランボールだろうがかまわないってことになりますよね.
そしたら神主さんやプロ野球選手が医療行為をしているってことですか?

  • 2010/09/21(火) 10:02:56 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

偽薬効果

早川先生は、プラセボ効果について間違った認識をお持ちだと思います。
プラセボ効果と同等ということと、薬効として効果は認められないということは、同じ意味です。
したがって、ホメオパシーに偽薬効果があるかないか、という臨床研究というのはナンセンスです。
水であれ小麦粉であれ、プラセボ効果はあるのです。
早川先生の論理でいえば、水も小麦粉も治療に役に立つということになります。
ナンセンスです。

また、医師が治療のために、プラセボ効果を期待して薬を処方することは、通常あり得ません。

  • 2010/09/21(火) 10:20:58 |
  • URL |
  • のんちゃん #-
  • [ 編集]

日本学術会議の会長として発言です

会長談話は、個人が医療の専門家であることとは無関係に、日本学術会議の会長として発言したものだと理解します。心理学会も日本学術会議の構成員のはずです。

「すべての関係者はホメオパシーのような非科学を排除して正しい科学を広める役割を果たさなくてはなりません」と会長談話は書いています。ここの「すべての関係者」が「すべての医療従事者」や「すべての科学者」だったなら、私の違和感はかなり軽減されるでしょう。これは、8月の談話発表直後にツイートしました。

  • 2010/09/21(火) 10:27:46 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

偽薬効果

映画「オカンの嫁入り」では、「つるかめつるかめ」と唱えると野球の試合でうまく投げられると、肩を壊して来診した少年をお医者が励ましていました。看護婦役の大竹しのぶは、その場では「そんなバカな」といいましたが、後半では自分がその呪文を使いました。

  • 2010/09/21(火) 10:32:53 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

金澤声明は、強く医療現場を意識している

金澤声明では「こうした理由で、例えプラセボとしても、医療関係者がホメオパシーを治療に使用することは認められません。」とあります。ホメオパシーに関する科学的知見を、医療という評価基準で判断したのだと思います。
もちろん他の基準でホメオパシーに関する科学的知見を評価することもできると思いますが、日本医師会、日本医学会、日本獣医師会、日本獣医学会、日本薬理学会、日本助産師会が支持しているところを見ると、金澤批判を医療関係者が受け止めたことは確かなようですよ。

繰り返します。日本学術会議の会長としての発言は、医学・薬学・助産学・獣医学だけに留まるものではありません。心理学を含むすべての学術を背景としてなされるべきものです。

  • 2010/09/21(火) 11:02:09 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

早川先生は、プラセボ効果とカウンセリングを混同されていると思います。それこそ臨床心理学に対して失礼なことだと思いますよ。

  • 2010/09/21(火) 11:58:09 |
  • URL |
  • のんちゃん #-
  • [ 編集]

カウンセリングには、偽薬を一切もちいないということですか。

  • 2010/09/21(火) 12:37:47 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

自分は全く専門知識も無いんですが
ここで書かれているとおりだとすれば新興宗教がよく売っている○○の水も批判しちゃいけないんでしょうか?
この問題のニュースを聞いたときに宗教的ないかがわしさを感じたのですが。
効能が無いのにもかかわらず暗示効果によって効果が出るはずだからと言うのは詐欺行為に当たらないのでしょうか?
そもそも暗示的な効果を統計学的に立証できるものなのか、偽物に頼って本来であれば治療できるはずの病気で死亡する怖さは耐え難いです。

  • 2010/09/21(火) 13:40:29 |
  • URL |
  • えふ #-
  • [ 編集]

あ、いえいえ、そういうことを言っているのではないんです。
カウンセリングは行為で、プラセボ効果は現象ですよね。そしてプラセボ効果というのはあくまで薬の効果についての話です。
ですから、明白に分けて考えたほうが良いですよ。
混同しているというのは、そういうことです。
もちろん、親切で尊敬できる医師から薬を処方されたほうが良く効く気がする、みたいな話は理解はできますし、医療行為から「薬」だけを明確に分けることはできないということは分かります。
ただ、かといって「薬」の効果の客観的な根拠は必要でしょう。
ですから分けて考えるべきなんですよ。
プラセボ効果というのは、薬の効果についての話ですから。


で、カウンセリングには偽薬を一切もちいないのかということについて、、。

原則的にはそうでしょうね。

偽薬ですと言って処方してもプラセボ効果は期待できないでしょうから、医師以外が、カウンセリングの一環として偽薬を用いることはないはずですね。効果をうたわざるを得ませんから、法に抵触する可能性があります。偽薬の効果を期待するには「薬」として出される必要がありますよね。だとしたらそもそもそれは医師にしかできないことです。
そして、先にも書きましたが、少なくとも日本では、医師がおおっぴらに偽薬を処方することはあり得ません。

  • 2010/09/21(火) 14:12:16 |
  • URL |
  • のんちゃん #-
  • [ 編集]

「プラセボ効果というのはあくまで薬の効果についての話です」とのことですが、プラセボ(偽薬)に薬の効果はありません。あるのは、(カウンセリングと同じ)心理効果です。

実社会では法に抵触することが日常的に行われています。だから、法があるのだと理解しています。レメディの場合は、薬事法の外でやっているということでかろうじて法の網を通り抜けているのだろうと理解しています。摘発可能かもしれません。

  • 2010/09/21(火) 14:20:55 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

いまの医者は偽薬を処方しないという話は、マウンドに立ったら「つるかめつるかめ」と唱えろと、肩を壊した少年野球の投手に諭す医者は、いまはもういないといってるのと同じに聞こえる。

  • 2010/09/21(火) 14:25:08 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

ホメオパシー=プラセボ

ホメオパシーにはプラセボの医療効果「しか」ないと言う氏のご認識で宜しいでしょうか?だとすると、プラセボ(偽薬効果)に関する臨床研究はさんざん成されて来ているはずなのですが、プラセボの内でホメオパシーを特別扱いされる理由は何でしょうか?

東洋医学の漢方薬を引き合いに出されずとも、今現在「最もまことしやか」である西洋医学だって、EBM(根拠に基づいた医療)と言う潮流のもとに前世紀からさんざん批判されて来ているようです。

  • 2010/09/21(火) 15:00:57 |
  • URL |
  • あ #-
  • [ 編集]

私は「ホメオパシーにはプラセボの医療効果「しか」ない」だろうと思っています。ただし「医療」を「治療」に変えてください。ホメオパシーを医療だとは思っていません。

ホメオパシーのプラセボ効果を研究した論文を教えてください。ホメオパシーにプラセボ効果があるかないか、知りたいです。もしあるなら、どんな利点があるか。

  • 2010/09/21(火) 15:06:37 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

もし研究がなくても、ホメオパシーにプラセボ効果があることを自明とする社会的了解があるのなら、論文はいりません。

プラセボ効果があるものを排除するのは愚かな行為だという結論になります。

  • 2010/09/21(火) 15:09:21 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

あ、すいません、言葉足らずだったかもしれません。
「薬を飲んだことによる効果」という意味で、「あくまで薬の効果」と書きました。

ところで偽薬については、お医者さんの姿勢の問題というわけじゃなくて、制度的にできないんです。
ただまあ、それほど悲観することはないですよ。偽薬を処方しないとしても、優秀なお医者さんは、言葉のかけ方がとても上手です。

ところで「つるかめつるかめ」は言葉ですから、偽薬ではありません。
やっぱり混同してるように思えます。
同じ心理効果だからといって、偽薬と言葉による治療をどちらも単に「同じ心理効果」と言ってしまうのはちょっと大ざっぱすぎます・・・。
いや、これはもう良いです。たぶんこれ以上書いても議論にならなそうな気がします。
お互い精進ということで、、。
それでは失礼します。

  • 2010/09/21(火) 15:17:35 |
  • URL |
  • のんちゃん #-
  • [ 編集]

遅くなりました

早川由紀夫さん
「空気は読んで踏みにじるもの」のsor_aです。
先日は、拙ブログコメント欄でのご指摘・twitterの使い方を教えてくださってありがとうございました。
大変遅くなりましたが、ご指摘に答えられるよう記事をupしましたので、ご報告いたします。
http://d.hatena.ne.jp/sor_a/20101005

  • 2010/10/06(水) 00:57:41 |
  • URL |
  • sor_a #-
  • [ 編集]

偽薬ではないですよ

早川様
はじめてお邪魔します。
私もずっと疑ってたのですが、実際ホメオパシーは偽薬としてではなく効果があります。
もちろん医療ではなく治療です。
インド、ヨーロッパなどでは広く使用されています。
インドのホメオパシーの第一人者プラサンタ氏の論文を引用します。
ここでRutaというのはホメオパシーでよく使用されるレメディでヘンルーダという植物から作られます。主要成分はルチンです。
http://www.virtualtrials.com/pdf/ruta6.pdf

  • 2011/10/07(金) 20:58:42 |
  • URL |
  • ぴのこ #-
  • [ 編集]

プラセボ効果

「薬」を飲んでも効果無くて薬じゃないのに「薬」だと思い込むだけで効果があるのだとしたら本来の薬よりもやくにたってるじゃん

ホメオパシーがらみの事件をいつまでもいつまでも叩く人は世界中で一体毎日何人の人が医療による「事件」に巻き込まれているのか頭に入って行かないんでしょうね

  • 2013/01/26(土) 04:57:45 |
  • URL |
  • てるみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/274-7bbd9eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad