早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

初心者のためのツイッター講座2

他人のツイートを参照するとき

目に入った他人のツイートに、自分にはとても賛成できない意見が書かれていることがしばしばある。そのようなとき、「あなたの意見に反対です」と書いたツイートを相手に@メンションするのは控えるべきである。ツイッターは社会の縮図だから、いろいろなひとがいる。おかしなひとには近づかないのが一番だ。

それでも、自分が意見陳述するときに他人のツイートを使いたいことがしばしば生じる。相手を賞賛するツイートなら引用して、@メンションしていっこうにかまわない。そこから出会いが始まるかもしれない。

しかし、相手のツイートを否定的に利用したいときは、公式リツイートを用いるのを勧める。公式リツイートした直後に、別ツイートとして自分の意見を書く。私は過去に、引用の形をとって私の意見も入れて@メンションしたら(非公式リツイートの前にコメントを入れたら)、返信が来てこっぴどく叱られた経験がある。

公式リツイートを利用すると、自分の意見が相手に知られる確率を小さくすることができる。相手に知られることはとくに望んでいないのだから、公式リツイートのほうがツイッターの優れた使い方だと言える。

ツイートの権利

ツイッターにいったん書いたら(たとえ5秒後に削除しても)、全世界にアナウンスした事実は消えないことを全員が知るべきである。他人に知られたくないことは書くべきでない。どうしても書きたい場合は、ツイートを非公開に設定する。

いったん公開した自分の意見は、どう使われようと(それが発言者の意図に反して改変されたり、悪意の誤読が含まれていない限り)、使われ方を発言者が指図することはできない。

ありそうもないことを書いたツイートひとつだけでは、それはなかなか広まらない。同様のツイートが一定数を超えて初めて広まっていく。一方、みながありそうに思うこと・期待していることを書いたツイートは、それがたとえひとつだけでも広まっていく。

いったん広まり始めたツイートを消すことはできない。そこに間違いが含まれていても、訂正を周知させるのは著しく困難である。原ツイートを削除しても、非公式リツイートされたツイートはツイッターの中でいつまでも生き残る。

リツイート

リツイートする行為には責任が伴う。リツイートして情報を拡散した行為の責任は、原ツイート者の責任ではなくリツイートした人にかかる。

初心者のためのツイッター講座1


私が用いるブロック基準
0)ツイッターでは、相手をブロックする権利が参加者全員に無条件に与えられている。(2011.11.13追加)
1)ツイートが数個以下のアカウント
2)何ヶ月もツイートがないアカウント
3)ツイート非公開アカウント
4)日本語以外のアカウント
5)@で私に悪意のメンションを送ってきたアカウント
6)営業専用アカウント
7)悪意あるいは重大な誤読に基づいて私のツイートをリツイートしたアカウント(2011.1.24追加)
8)文章読解力が著しく劣るアカウント(2011.2.20追加)
9)ツイッターがうまく使えてないアカウント(2011.11.13追加)
10)私を中傷するツイートをしたアカウント(2011.11.13追加)
11)私がフォローしている人から依頼があったアカウントのブロックは解除する。(2012.6.5追加)
12)動くアイコンを使ったアカウント(2012.8.31追加)

なぜフォロワーをチェックするか。1ツイッターを私は双方向メディアとして利用する。ツイートなしや非公開はその利用法に反する。2情報はその内容だけでなく、伝達の初期部分にも発信者の責任が及ぶ。3情報の不正利用を未然に防ぐ。ブロックだけではこの目的を達成できない。でも、しないよりましだ。また、私からブロックされても、私のツイートを読む方法はいくらでもある。

ツイッター公理
・公式リツイートは、かならずしもそこに書かれた意見に賛同してなされるものばかりではない。

コメント

つまり、俺に賛同する人はリツイートOKだけど、
俺に反論する奴はリツイートするな。放っておけ。
と言う事ですか。

  • 2011/07/04(月) 17:03:03 |
  • URL |
  • はっとりくん #VWFaYlLU
  • [ 編集]

いいえ。否定的評価で私のツイートをリツイートすることはかまいません。それを制限する権利は私にないです。

  • 2011/07/04(月) 17:16:28 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

先生、変な人がたくさん出てきましたが、先生の作られた地図や警告などで助けられております。
我が家の小さい子供達も比較的安全なところに疎開させることができました。
先生のおっしゃることは、とてもまっとうなことだと思ってます。

バッシングにめげずにこれからもどんどん情報発信お願いします。

  • 2011/07/04(月) 19:00:38 |
  • URL |
  • ふんの #-
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/12(火) 10:10:46 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/15(金) 21:10:27 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

9)ツイッターがうまく使えてないアカウント(2011.11.13追加)

これは主観に基づくため、自分がブロック対象になるのではないかと不安になりました...

  • 2011/11/14(月) 18:30:53 |
  • URL |
  • hmasako #-
  • [ 編集]

先日の拡散の際にご迷惑をおかけしてしまった事に対する御詫び

先日は、アカウントをつけて、ツィートを流してしまい申し訳ありませんでした。早川さんのご意志とは、違った形になってしまったようです。勉強会での子供さんのメモとても重要視したもので、ツィートいたしました。
以後、その様な事がないように、したいと思います。本当に、ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/01/30(水) 10:34:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/287-b302409d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad