早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

山口裁判和解の報道に接して思う

母親は、何を求めて民事訴訟を起こしたのか。納得のいかない死に方をしたわが子が、いったいどういう経緯で死んだのかを知りたいと思ったからではなかったのか。今後、このような死に方をする子どもがいなくなることを願ったからではなかったのか。口頭弁論は2回開かれたが、2回とも何も審議されなかったという。口頭弁論は公開で行われるが、何も明らかにならなかった。それなのに、なぜ「内容を口外しない」和解に同意したのか。母親は何を得たのか。日本社会はこの裁判から何を得たのか。


和解後に母親が出した挨拶文 

私たちの勉強不足もあり娘は亡くなりました。裁判をしても、娘の命は戻らないけれど、娘の死をきっかけに少しでもたくさんの方が、医療を受ける側として何ができるのか考えていただければ、うれしいです。簡単に防げる病気で娘のように亡くなる赤ちゃんがいませんように。


この事件が広く知られる発端になったブログに22日22時に掲示された。下線は私が施した。みずからにも非があったことを認め、医療を施す側だけでなく受ける側の精進も必要であることを書いている。まったくその通りだ。



(12月24日7時追記)

山口の裁判は、21日に和解して、翌22日に報道された。この和解という結果は、原告(母親)を支持してきた人たちにとって意外だったようだ。多くは失望しているようにみえる。

朝日新聞は山口発の地方記事をひとつ載せただけ。朝刊一面に記事を掲載するなどの大きなキャンペーンを展開した科学医療グループが書いた記事は今朝の時点でまだない。

Kikulog(菊池誠さん運営のブログ。コメント欄で掲示板のようなやりとりが活発になされる)とツイッターでの意見交換は低調だ。一部のひとたちは和解したことを知ってもあいかわらず母親へのねぎらいの言葉をかけているが、リーダーと目されるひとたちから発せられるコメントは少ない。あっても、その主張は頼りないものばかりだ。いままであった迫力ある文章は影も形もない。

私は22日にツイッターでこのことを集中的に議論した。原告支持者たちの考え方に反するだろうツイートを、これまでに増してたくさん書いたと思う。しかしはてなブックマーク(はてブ)に現れたコメントの数は、7月から9月にかけての一時期と比べると圧倒的に少ない。そこに書かれた内容には、具体的指摘がいっさいなく、個人攻撃に留まっている。

原告を支持するブロガーやツイッター人に私は何も求めない。どうでもよい。しかし朝日新聞には、このたびの和解を受けて、ホメオパシー報道に関するきちんとした総括記事を書いてもらいたい。



(12月24日19時追記)

もしかすると、山口の母親は自分がなした訴訟を世間があまりに大きく取り上げるので困惑していたのかもしれない。わが子を失った悲しみと怒りが訴訟に向かわせたのだろうが、ホメオパシーへの親近感も捨てられなかったのではないか。この複雑な思いが彼女に、和解を選択させたのではなかろうか。

彼女は、自分の民事訴訟を利用して世間がホメオパシーを叩くことを、ことによったらにがにがしく感じていたのかもしれない。彼女は子どもを失ったが、それでもホメオパシーを続ける人なのかもしれない。だから和解に応じたのではないか。

勉強不足だったとおっしゃいましたね。その通り勉強不足でした。なすべきことをしなかった自分を恥じてください。この失敗を教訓として、これからの人生に生かしてください。生きるために必要な情報は他から与えられるものではありません。みずから取りに行くものです。勉強は死ぬまで続きます。


(12月25日10時追記)

山口の助産師にもし死亡責任を負わせるなら、1991年6月3日の雲仙岳火砕流に焼かれた43人の死亡責任は、死んだ個人ではなく行政にあることになろう。しかしこの国は、助産師に責任を負わせていない。火砕流死亡の行政責任は当該首長だったろうが、これも負わせなかった。

その後、気象業務法が改正されて、気象庁が火山の警報を出すことになった。今後発生する火山災害における対応不始末の行政責任は、首長だけでなく気象庁長官も負うことになっている。

山口の助産師の責任を私が安易に認めないのは、自分の専門分野における重大課題としてこのような問題意識を持っているからである。自然災害による損失の責任を誰が負うべきか、これはとても難しい問題である。

コメント

おはようございます。

おはようございます。はじめて書き込みさせていただきます。
たまと申します。
元看護師です。

>口頭弁論は2回開かれたが、2回とも何も審議されなかったという。口頭弁論は公開で行われるが、何も明らかにならなかった

と早川さんはお書きになっておられますが、こちらをお読みください。
早川さんも上記の記事でお母様の挨拶文を引用されている琴子ちゃんのお母様のブログです。
http://d.hatena.ne.jp/jyosanin/20100929/1285759484#c

>ビタミンK訴訟 第二回目
今日でしたが、まだ向こうからの答弁書が出されていないということで、今日も次回の日程を決めただけだそうです。

第二回口頭弁論についての琴子のお母様からの代理の報告です。
助産師側が答弁書もださなかったそうです。

審議を進行させなかったのは助産師側ではないのですか?
なぜそのような事をおしらべにもならずに、早川さんは上記のような記事を書かれたのですか?

今回の民事訴訟の意義は多いにあります。
日本助産師会はこの問題を受けて
ホメオパシーに関しての決別宣言としての声明を出しています。
私は、看護師として国家資格を持つものとしてこの声明を支持します。
http://www.midwife.sakura.ne.jp/midwife.or.jp/pdf/homoeopathy/homoeopathy220826.pdf

また助産師会には厚生労働省より通達もだされています。行政の判断は以下のとおりです。
「助産所における乳児に対するビタミンK.シロップの投与につい」http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000qvk2-img/2r9852000000qvlj.pdf

多くの動きがあったと思います。
また、NATRONさんが記事にされているように
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20101223#p1

***引用開始***
「ホメオパシーのレメディーは、ビタミンK2のシロップの代用にはなりません。」
という言質を明確に引き出したことにあると私は考える。このことで、日本ホメオパシー医学協会のせいでビタミンK欠乏性出血の危険にさらされる赤ちゃんはいなくなる。原告のおかげで、他の赤ちゃんの命が救われた。
***引用終了***

文中の鍵かっこは、私がつけさせていただきました。すみません。

私も三人の子供の母としてNATRONさんの考察に大きく賛成いたします。

ずっと早川さんのお書きになっているものを、拝見してきましたが、

>私は22日にツイッターでこのことを集中的に議論した。原告支持者たちの考え方に反するツイートを、これまでに増してたくさん書いただろうと思う。しかしはてなブックマーク(はてブ)に現れたコメントの数は、7月から9月にかけての一時期と比べると圧倒的に少ない。書かれた内容は、具体的指摘がいっさいなく、個人攻撃に留まっている。

とお書きになっていますが、ご自分の文章をふり返って問題はないのか点検はなされないのですか?
和解に向けての早川さんのコメントに
周囲の皆さんは絶句している状態のように思います。
今まで、異なる意見についてもツイッターでもブロックをくりかえされていますよね?
それでは、もう、意見は届かないと皆、意見も書かなくなるのも当然の帰結ではありませんか?

最後に。
>一部のひとたちは和解したことを知ってもあいかわらず母親へのねぎらいの言葉をかけているが

これはどういう意味ですか?
ただでさえ、ちいさいわが子を失っているお母さんが訴訟を起こすだけでも
大変な精神的な負担であるのに
そして「和解」は民事において一般的な解決であるのに、何故ねぎらいの言葉をかけるのを、いぶかしがる文章をかかれるのですか?

あまりにも心無い言葉のように思います。

  • 2010/12/24(金) 10:02:15 |
  • URL |
  • たま #WCSj23LI
  • [ 編集]

ご意見をいただきました。読みましたが、私が書いた文章に間違いはひとつも認められませんでした。


> ずっと早川さんのお書きになっているものを、拝見してきましたが、

私の書き物を今後いっさい読まないほうがよろしいかもしれません。


> 今まで、異なる意見についてもツイッターでもブロックをくりかえされていますよね?

そういう事実はありません。私のブロックルール参照
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-287.html#more


> それでは、もう、意見は届かないと皆、意見も書かなくなるのも当然の帰結ではありませんか?

はい、はてブのひとたちにはそうしていただくのよろしいと思います。はてブにいくら書いても、意見は私にいっさい届きません。


すでにツイッターに書いたことを二つ、少し手直しして、もう一度ここに書きます。

1)母親は、どんなことがあっても、和解してはいけなかった。なかでも「内容を口外しない」和解は、世間にこれだけ注目された裁判の幕引きとして最悪の部類だ。もし裁判に耐えられなかったのなら、潔く訴訟を取り下げるべきだった。

2)私は裁判長から和解勧告を受けてこう答えたことがある。「その可能性はありません。金銭のために裁判をお願いしたのではありません。過失がないと信じるのに過失があったとして過失相殺されることが納得できないから、裁判をお願いしました。したがって、妥協することはありません」
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-231.html

  • 2010/12/24(金) 14:01:30 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

こんばんは、丁寧なお返事ありがとうございます。

>ご意見をいただきました。読みましたが、私が書いた文章に間違いはひとつも認められませんでした。

そうですか。承知いたしました。
それでは、お願いがあります。
ツイッター上で何度か今回の該当の助産師のことを「看護師」として記載されていらっしゃいます。
役職にはそれに見合う職務があります。役職名は間違わないでいて欲しいと思います。
今後、該当助産師の事について
正しい役職名で記載される事を看護職員として希望します。

追記読みました。
>なすべきことをしなかった自分を恥じてください。

なすべきことをしなかった、助産師も
恥ずべきだと私は思います。
助産師は国家資格者です。
その資格を持ちえたものは、、一生の精進が必要ですね。
私も一生勉強です。
早川先生もどうぞご精進なさってください。

  • 2010/12/24(金) 21:44:07 |
  • URL |
  • たま #WCSj23LI
  • [ 編集]

>ご意見をいただきました。読みましたが、私が書いた文章に間違いはひとつも認められませんでした。

助産師と看護師の違いも理解していない状態で今までコメントしていたという事ですね?

こんな初歩的な間違いもご自分で見つける事が出来なかったと言う事は、その他のコメントの内容の正否についても推して知るべしと感じます。

  • 2010/12/24(金) 23:49:20 |
  • URL |
  • 門前の小僧 #-
  • [ 編集]

全体の議論から考えると、重箱の隅、としか思えません。

  • 2010/12/28(火) 10:23:48 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/288-4910babe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad