早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

新燃岳2011年2月噴火のまとめ

1日0754 M2.0地震と同時にブルカノ式爆発。レーダエコー0800黄、0805白、新燃岳南西最大振幅:376.7mkine、湯之野空振計:458.4Pa火山弾3.2キロ、山火事、空振で窓ガラスが割れて顔にケガ。
  0808 2発目(Hi-net)
  1120 「切り替え」で3キロを4キロに
  1540 レーダーエコー青(ブルカノ式)
  2319 レーダーエコー青(ブルカノ式)354.1mkine、185.5Pa
2日0525 ブルカノ式爆発、340.8mkine、299.6Pa、レーダーエコー水色
  1047 ブルカノ式爆発、150.1mkine、86.5Pa、レーダーエコー青
  1552 ブルカノ式爆発、530.6mkine、72.4Pa、レーダーエコー水色
  1622 黒い噴煙、爆発なし、レーダーエコーなし
  2045-2125 奇妙な震動(Hi-net)
3日0809 ブルカノ式爆発、96.3mkine、26.0Pa、レーダーエコーなし。
  1219 ブルカノ式。中央から出た。レーダーエコーなし。
  1235 鳴動、そのあと噴煙5キロくらいまで。レーダーエコー1245青、1250水色、1255白。
  1300 FL300 VAAC 噴煙9キロ
  1400 FL300
  2000 FL300
4日0943 ブルカノ式爆発。小林市側で大音。
  1811 大隈半島東方沖で地震M4.7、鹿屋で震度3
5日0940 レーダーエコー水色、灰噴火4000m
  1100 レーダーエコー水色、灰噴火
  1700 高原町が避難勧告を解除。ただし8キロ以内の27世帯73人は継続。
6日0316 ブルカノ式爆発。Hi-net、大浪池カメラに赤い火山弾着弾
7日0608 ブルカノ式爆発。赤い火山弾飛散。大浪池カメラでよく見えた。レーダーエコー白。
  午後、噴煙止まる。
  1630 気象庁「噴火終了」宣言
  1836 ブルカノ式爆発、レーダーエコー白1850 
8日
9日
10日
11日1136 ブルカノ式爆発。宮崎市で空振。レーダーエコー1140青、1145水色。最大振幅:341.0mkine、空振計:244.3Pa、VAAC FL130
12日
13日
14日0507 ブルカノ式爆発、宮崎市・日向市まで空振、レーダーエコー0510赤、0515赤、0520黄、0525青、最大振幅:1651.7mkine 空振計:332.1Pa、小林市に火山れき。
15日
16日
17日
18日1816 真っ赤な火山弾放出とともに黒い噴煙が上がる。火山雷。ブルカノ式というには空振が小さかった。最大振幅:247.9mkine、空振計:31.4Pa、気象レーダエコー、1820赤、1825青、1830白、VAAC FL180 5400メートル。噴煙は下層では南西に向かったが、上空でねじれて南東へ。南西5.5キロに火山シルト20g/m2(写真判定)。灰噴火の特徴も備える。10万トン。
19日
20日
21日
22日
23日
24日0338 灰噴火。1時間ほど継続。北側に少量の降灰。
25日
26日
27日
28日0733 気象庁が「噴火したもよう」という。0740に小さなレーダーエコーあり。水色。0745には消えた。
   0904 日向灘で地震M4.6、小林市真方で震度3
   1141 御池で灰まじりの雨。
       皇子原公園で硫黄臭。細かい灰が常に降る。
   1712 元気な水蒸気放出の中、灰色噴煙。レーダーエコーなし。
   1804 灰色噴煙。レーダーエコーなし。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad