早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

Mixi, Twitter, Facebook, and Blog

 ニールセン

日本でのMixi、Twitter、Facebookの普及をくらべると、Twitterが一番だ。およそ1400万人。これはパソコンでツイッターのページからアクセスしている人だけを数えているから、その他のアプリケーションを使ったり携帯電話だけで利用している人も含めるともっと多いはず。

Twitterは速報性に優れる。また、知らない人の発言が目に飛び込んでくるし、知らない人に語りかけるのも気軽にできる。一方、Facebookは閉鎖的だ。発言が聞こえる範囲を調節できる。友達までとか、友達の友達までとか。この機能を使って中東での革命進行に役立ったようだ。アメリカでのFacebook利用者は1億人を超えたという。アメリカ版Mixiと言ったところか。

災害時のネットツールとしては、Twitterがもっとも有用だと思われる。

2004.png
 浅間山2004年掲示板噴火

2004年の浅間山噴火では、毎日の掲示板閲覧数が8000回以上が4週間続いた。2011年の霧島山噴火で利用しているのはツイッターとこのブログだが、反応はそのときほどではない。これは使っているネットメディアの違いではなく、火山の場所の違いだと思う。浅間山は東京圏にあるから人々がよく注目した。

twittereruption.jpg 
霧島山2011年ツイッター噴火。短縮URLはクリックされた数を示す。フォロワーが2月21日減っているのは100アカウントを基準に従ってブロックしたため。22日にも37アカウントを追加でブロックした。ブログUはブログへのユニークアクセス数。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad