早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

放射能の時間変化

x2_529c85c.gif x2_52cf850.gif x2_52cf7ae.gif
@hayano

2011年3月の原子炉爆発と放射線観測
12日1536 1号機爆発
14日1101 3号機爆発
15日03時 いわき市(24マイクロシーベルト毎時)
15日0614 4号機で音、2号機でも異音
15日12時 さいたま市(1マイクロ)
15日18時 福島市(25マイクロ)
15日21時 仙台市(0.2マイクロ)
16日03時 山形市(0.2マイクロ)
16日09時 水戸市(1マイクロ)
20日19時 山形市(0.15マイクロ)測定地点変更かも
21日09時 水戸市(0.5マイクロ)
21日12時 いわき市(6マイクロ)

放射性微粒子が陸地に降ったのは15日と21日だったのではないか。どちらも北東風で、雨が降った。この2回で降り積もった微粒子から放射能がいまも出ている。その大部分は半減期8日のヨウ素。こう考えると、ほとんどの観測事実が説明できる。@hayanoさんグループの努力に感謝。

21日のピークは15日のピークの1/2か1/5。しかし6時間後以降の放射能は21日が2倍。これがヨウ素だろう。金町浄水場を汚染した。ピークを決めた元素がなにか、私には放射線の知識がないのでわからない。

雨の降り方の違いだったかもしれない。15日の雨はしとしとだった。21日の雨はどっさりで長く続いた。

コメント

減衰カーブ

減衰カーブの大半の特徴は考察の内容に賛成です。ただし現状の放射線レベルのバックグランドはセシウムを主とする半減期の長い他の放射性核種でしょう。多くの場所で事故前の2倍の値になっています。知りたいのは、こうした放射性核種が地上でどういう分布性状を示しているか、です。風/雨で湿った透水性の悪い土壌表面など、濃度が高い場所や一方では洗い流されて極めて低い場所があるはずです。そのあたりの実態や機構を解明したいのですが、道具がなくて。何かこれに関連する情報などご存知でしたら教えていただければ幸いです。

山形

山形市では衛生研究所屋上で計測し続けているはずです。米沢市での計測も途中から加えられています。apjさんによると外部に公表していない計測値を大学がたくさん持っているそうです。学長の空気をよんで発表しないそう。学長の専門は原子力工学です。

  • 2011/08/26(金) 10:37:20 |
  • URL |
  • mochisuki #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad