早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

ヨウ素の見積もり

古い友人から次の関係式を教えてもらいました。

1 μSv/h= 7.6 x 10^5 Bq/m2

23日に内閣府が公表したSPEEDIによる地図に、12日6時から23日24時までのヨウ素合計をしました地図があります。そこから、100 mSvの等値線が囲む面積を1200 km^2と読み取りました。その等値線の毎時放射線量を 福島県災害対策本部のデータから20μSv/hと見積もります。

等値線とそれが囲む面積の積を12.2倍したものが全量を与える経験式が火山学では知られています。私が1985年に発表しました(1985年の英語論文1996年の日本語教科書)。

12.2 x 20 x 7.6 x 10^5 x 1200 x 10^6 = 2.2 x 10^17 Bq

これは、フランスIRSNが22日に発表した 2 x 10^17 Bq とよく合います。チェルノブイリの10%にあたるそうです。



30日06時追記

SPEEDIシミュレーションで分布(面積)を知り、福島県災害対策本部で実測値 20 μSv/h を得ました(5から40の間でどこをとればよいか、正直よくわかりません)。もうひとつの放射線量見積もりの方法を教えてもらいました。

100mSv / 282時間(12日6時~23日24時) ~ 350 μSv/h 

この数値を用いると上の計算の17.5倍になります。チェルノブイリの2倍です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad