早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

チェルノブイリ

IAEAのチェルノブイリ報告書から放射能の分布を示す図を転載します。

chermap.png
放射能の分布は、1986年4月26日から5月4日までの9日間の風向きで説明できる。

BBryFhtCUAE--VV.jpg

chermap2.png
放射能は2000キロを超えてヨーロッパ全土に広がった。

chermap3.png
チェルノブイリ近傍でも放射能は複雑な分布をする。

chertable33.png
1995年の時点で、555 kBq/m2内に19万人、185 kBq/m2内に77万人、37 kBq/m2内に515万人が住んでいた。

フクシマと比較するためには、ベクレルをシーベルトに換算しないとならない。1 uSv/h = 760 kBq/m2 だと聞いたが、ほんとに正しいかどうかよくわからない(どなたか教えてください)。この式を仮定した場合の考察は別エントリですでに行った。

この式を仮定すると、上から三つ目の近傍図のもっとも赤いところ(1480 kBq/m2)が 1.9 uSv/h になる。下のフクシマの地図で黄色線で囲んだ範囲に相当する。



1 uSv/h = 760 kBq/m2は、ヨウ素についての式だということです。セシウムだと1 uSv/h = 480 kBq/m2 になるそうです。長期的には(半減期が30年と長い)セシウムが効くでしょう。でも、いまの計算は桁見積もりに近いから、760が480になっても結論に大差ありません。(この項、10日0831加筆)


Chornobyl_radiation_map.jpg
ウィキペディアより

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad