早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

放射能とつきあう

東葛が放射能に汚染されているのは事実です。新宿は0.1マイクロシーベルト毎時ですが、東葛はその4倍の0.4です。これは、3月21日に放射能の粒が雨と一緒に降って、いまも地表にあることによります。そこから放射線が出ています。

その日、何をしていたかはもはやあまり関係ありません。その日からいままでどこでどうしたかが関係あります。校庭や公園の地べた。草むらや枯れ葉の山。そういうところに放射能が隠れています。過去2ヵ月の間にそういうところによく行った人は、それなりの被ばくをしたと承知してください。

たぶん1ミリシーベルトくらいでしょう。1年に許される被ばくを2ヵ月で消費してしまいました。いままでの被ばくは仕方ありません。元には戻りません。残りの10ヵ月を、放射能をできるだけ避けて生活してください。放射能は見えません、匂いもしません、音もしません。人にはまったく知覚できません。測定器だけが検知できます。

放射能はホコリに付着しています。家の中をそうじしてください。ぞうきんでふきとってください。カーテンを洗濯してください。ベランダの床をデッキブラシでこすってください。この放射能は2年で3/4になります。6年で1/2になります。そのあと20年ほとんど変わりません。この放射能は3年で半分になります。その後の減り方は小さくて、30年後に14%になります。(6月20日修正)

ホコリを吸いこまなければ、東葛の空気は安全ですが、食物からの被ばくはできるだけ避けてください。西日本あるいは外国の食材を求めるようにしてください。

東葛の0.4マイクロシーベルト毎時は、チェルノブイリでいえば第三区分(移住権利区域)です(フクシマとチェルノブイリの比較参照)。 深刻ではないが、注意しなければならない程度の汚染です。かならずしもそこに住む必要がないひとは他所に引っ越したほうがよい程度の汚染です。除染して注意すれば、そこで子どもを育ててよいくらいの汚染です(たぶん)。

一方、福島市は2.0マイクロです。チェルノブイリでいえば、第二区分(移住必要地域)。少なくとも子どもはそこからすみやかに退去させる必要があります。飯舘村は20マイクロです。チェルノブイリの第一区分(居住禁止)は3マイクロ以上ですが、役場前でも8マイクロらしい。事故から2ヵ月半たって、そこに人がまだ住んでいるなんて狂気です。電光掲示板立てて喜んでいる場合ではありません。

0528.gif 
飯舘村役場前にきのう設置された電光掲示板「10秒ごとに更新された数値が表示される。データを蓄積できるため、後に分析することも可能」(読売新聞) そのころは死んでるだろう。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/05/30(月) 09:49:12 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

無知は死を招く

原爆作業員の年間被曝量(50msv)をとっくに超えてますね。

年間:8.02*24*365=70255.2μsv
年間:70.2552msv → 癌化するレベル

放射線が勝手に下がることはないのでこのまま放置すると現状維持か
それ以上の悪化しかないのですが、写真見ると余裕で笑ってます。

百歩譲っても馬鹿としか思えません。

  • 2011/05/30(月) 12:48:48 |
  • URL |
  • waz #-
  • [ 編集]

八千代市の放射線量について

いつも参考にさせていただいてます。八千代市は近隣の船橋が低いということで安心しておりましたら緑ヶ丘が0.4ということで不安を募らせております。八千代市は独自に測定せず2か所のモニタリングポストのみに留まるということなので、行政はあてにできません。もしよろしければ八千代市全体どのへんまでが汚染が強いのか調べていただけませんか?もしかしたらもっと汚染があるところがあるかもしれません。八千代市は場所によってコロコロ変わるようです。孫もいるので心配です。ガイガーカウンターで計測している方はおりますが軒並み低い数字が出ています。きちんとした機器での計測が望まれます。行政の対応が最も遅い地域なので柏や松戸のように市民にまったく危機感がないのが現状です。お忙しいと思いますがよろしくお願いいたします。

  • 2011/05/31(火) 09:01:55 |
  • URL |
  • mariya #qhVXTLRM
  • [ 編集]

飯館村の電光掲示板、情報にサイレン付いてますが、あのサイレンが鳴るのは一体、どれほどの数値?と考えるとさらにぞっとします。

  • 2011/05/31(火) 10:41:27 |
  • URL |
  • emanon #-
  • [ 編集]

誤字すいません、情報×、上方○です。

  • 2011/05/31(火) 10:42:17 |
  • URL |
  • emanon #-
  • [ 編集]

放射線量について

放射線量は天候や風向きなどによって変化するので数字だけで判断するのはどうかと思いますが
今、街中を除線するより如何に早急に放射線を封じ込めるか?それが問題ではないかと思います。

八千代市の放射線量ですが概ね0.18μsv/h前後のようですね。0.18μsv/hとすると
年間約1.6msvになりますから、法定基準(1msv以下)は既に超えています。
しかし、ビルの上で計った線量だと思うので実際にはもっと高いのでしょう。

また、ご存じの通りこれは成人に対しての値ですから10歳未満の子供さんや乳幼児は
年間20msvの10~100分の1以下(2.0~0.2msv以下)が現在の基準値となっています。
ですから年齢によってはこの馬鹿げた基準値で算出しても超過している事になります。

しかもこれは飲食による内部被曝は考慮していませんので目安に過ぎません。そもそも
年間20msvという馬鹿げた数字が異常すぎると思います。成人で年間0.5msvぐらいが
妥当ではないかと個人的には思うのです。

メルトダウンした放射性物質を取り除くには、1基につき10年はかかるそうですから今後は放射線量
も増加する事になるでしょうが、β線とγ線の両方を測定しないと意味がないように思いますので
後は個人の判断になるでしょうね。

放射性物質降下量
https://spreadsheets.google.com/pub?hl=en&hl=en&key=0AjgQ0pwrXV8YdGJORHAzdi1qMlFldUMwRkl4V3VfN0E&output=html

  • 2011/05/31(火) 15:32:03 |
  • URL |
  • waz #-
  • [ 編集]

転居か否か…

 はじめまして、ブログおよびtwitterを参考にさせていただいている者です。
 現在、葛飾区西亀有に在住で、3月15日、妻が7歳、4歳、1歳の子どもと高知の親戚宅に避難しようという言葉を、風向きを鑑みて制止したことが悔やまれてなりません。
 その後、3月18日から7歳の子は学校が始まるので、4月5日まで、4歳と1歳の子は5月22日まで、静岡三島の実家で疎開をさせていました。
 帰京後も週末は極力三島で静養し、自宅では水はもちろん、食材も徹底して選別し、家屋内および周辺の除染に心がけ、近所で放射線数値が気になる方とともに区への陳情、ようやく区も放射線測定に動き出した次第です。
 妻の不安は払拭しきれず、関東圏外からの転居を訴えていますが、仕事(都内特別支援学校勤務)や家のローンを抱え、毎日が夫婦げんかという状況です。
現在、家の周辺は0.15~0.2μsv/h、家屋内は0.06~0.07μsv/h…ただし、周辺の吹きだまりや植え込みでは0.4~5μsv/hといったとんでもない場所もあり、保育園園庭や学校校庭での数値も気になっています。
 やはり、妻の言うとおり、転居しかないのでしょうかね…。

うちも同じです

葛飾区高砂付近に住んでいます。3月の事故後、どのくらいの放射性物質が飛んできているのか分からなかったので、毎日風向きや雨の情報とにらめっこで過ごしていました。仕事もそうそう休む訳にいかないので、判断が難しくほとほと疲れました。そして、3月22日は雨がいやだなと思ったのですが、子供を保育園へ預け、仕事にでました。あの時、このエリアは放射性物質の雨が大量に降っていたのですね。翌日は後悔して休みました。3月の心労もあって、関西の親戚宅へ子供をゴールデンウィークまで預けました。子供はちょうど一年生になるところだったので、いきなりの転校でした。新宿の値も落ち着いていたので、やりすぎたかと思いましたが、このHPを見て、少しでも被ばくを避けられてよかったと思いました。小学校では、4月に金町を通って水元公園まで歩きで遠足を行っていました。これも行かずに済みました。
(共産党都議団は25日、今月6~25日に独自に測定した都内の延べ128カ所の放射線量を公表し、地表から1メートル以内の高さで測定し、最も高かったのは、葛飾区の水元公園内草地の地表の毎時0・618マイクロシーベルトだった。というニュースがありました。)
それでも帰って来て後悔しています。給食の内部被ばく、屋外活動、(プール、畑の活動など)気になり学校に聞いてみましたが、「放射能の子供への影響はない。給食や水道も安全である」という教育委員会の通知に従って教育を行っています。という返答しかもらえず、何も放射能汚染の問題を考慮していないようです。区にはまずモニタリングをして下さいとお願いして、はじめたようですが、「測ったけど健康に影響をあたえるレベルではないよ」というスタンスです。(だんなを残し)仕事をやめて子供と関西へ移住しようかと本気で考えています。

  • 2011/06/08(水) 17:25:19 |
  • URL |
  • 高砂 #XAUl15Aw
  • [ 編集]

東京から転居される必要は全く無いと思いますよ。内部被爆の可能性について 皆様産地を選んで購入され、良く洗っているのでしょう?その時点でもう内部被爆の心配なんてありませんよ。外部被爆について Cs137の放射線の種類はβ線、γ線これらはコンクリートは通しません。(マンション内)1日のうち何時間外に出ますか?低線量放射線による被爆による(確率的)影響については現在わかっていない。だが影響があるとして計算すると、もし被爆線量が1000μSvとして癌が発生する確率は1万人に1人、すなわち0.01%の確率となる。何時間外にいると1000μSvになりますか。あと関西に移住したとして。ウランの産地ってありますよね。そういうところに避難したらよっぽど放射線量が多いですよ。東京の人は心配いらないと思いますがね、僕は。

  • 2011/06/24(金) 19:50:45 |
  • URL |
  • 理系の人 #-
  • [ 編集]

そんなに安全?

内部被曝は食べ物からだけではありません。
粉塵に含まれた放射性物質(現在は専らセシウムか)により呼吸で被曝する可能性があります。
昔、小学校の隣のアパートに住んでいたことがありますが、風の強い日は校庭から巻上げられた埃が部屋に入り込み、掃除が大変でした。今の居所は裏の畑から埃が入ってきており少々心配しています。
なお、外から入り込んだ埃は外部被曝の要因にもなると考えます。
低線量の内部/外部被曝の影響については結論が出ていないようですが、影響ありの場合、私のような中年が還暦を過ぎてから癌になるのと、今の幼児が将来20~30歳(もっと早いかも)で癌になるのではまるで社会的影響が違うでしょう。
私には子どもがいないので家族を非難させるとかは検討していないですが、未成年者の保護者の方にとっては差し迫った問題と考えます。
そもそも、事故発生から3ヶ月も経って全体像が明らかにならないのは異常です。
こんな状態では有効な対策が打てるわけがない。
それなのにまだ楽観論を垂れ流す人たちがいる。
※検査を受けた全員の尿からセシウム
http://www.47news.jp/news/2011/06/post_20110624100730.html
今はまだ安心できる状態なんかではありません。

  • 2011/06/24(金) 23:47:06 |
  • URL |
  • 埼玉県在住 #Gr.xQxQI
  • [ 編集]

このサイトによると 飯舘村と川俣町山木屋地区の住民計15人の尿を検査 そして 2回とも全員からセシウムを検出。しかしごく微量で、今後50年間、放射線を出したとしても計0・1ミリシーベルト以下に収まる量という。 このことからしても「東京」の人は大丈夫なんじゃないでしょうかね。0.01%未満の健康被害を心配するより、夫婦喧嘩による健康被害の確率の方がはるかに高いんじゃないですか。

  • 2011/06/25(土) 08:48:55 |
  • URL |
  • 理系の人 #-
  • [ 編集]

悩むけど大丈夫なような気も

同じ東京でも、西方面は比較的線量は少ないです。遠くへ移転できないなら、都内西側へ移転というのもひとつだと思います。通勤がキツクなっても仕事が維持できるなら、検討の余地はあると思います。
ウチは東村山で、3歳、7歳がいます。東村山は公式0.07μSC/H、私のSOEK-M1(ガイガーカウンタ)では補正して0.07~0.1ぐらい。自分も転職&西日本移動を考え悩みますが、西日本はバックグラウンドが高めなようで、東村山と線量があまり変わらないらしい(^^; ということで悩みつつ踏みとどまってます。ウチの場合はカミさんが放射線意識が低く、「あなた考えすぎ」といわれます。どうも世間と逆のようです(ノ_-;)ハア…  私は職を辞する覚悟はできているのですが、ローン抱えて40過ぎで転職・・・実際問題、難しいです。早川先生も避難の意思決定で「カネ」が基準になるというようなことをつぶやいていたと思いますが、その通りかもしれません。

ガンリスクですが、3歳の場合、最も高い想定だと1ミリSVで1万人に15人(0.15%)のようです(J.W.Gofman 下記URLの下の方にあります。) ここでいう致死は、たぶん50歳までに、ということだと思います(すいません、わたしも良くわかってません)
http://goo.gl/XG9t0

1000人に1.5人は行政目線ではかなりヤバイ線ですが、個人だとどうか。500人規模の小学校が2つあり、その中の1~2人が、今後50歳になるまでに(たぶん)、放射線由来のガンで殺される・・・これをどれほどの脅威と感じるかは、かなり個人差があると思う。
それに、そもそも子供の被爆量が分からない。2ミリなら1000人に3人、3ミリなら1000人に4.5人だし、時間軸についても、ヘタすると10代・20代で発症するかもしれない。私はこどもLOVEなので、これはかなりの恐怖です。ただ、この恐怖だけで大きな意思決定するのは危険なんですよね。東村山の線量が低いだけに、とどまる方がいいのかなぁと今日は思ってます。(3日前は移転しようと思ってましたケド。ゆれてます)

疎開したいもうひとつの理由は、地震による4号炉の倒壊懸念です。これがおきたら東京がどうなるか全く予想できない。地震による倒壊の場合、交通機関・一般道路、どれも機能しないので、脱出したくでもできなくなる。そういう事態をひそかに最も恐れています。

ただ、やっぱり、妄想をベースに大きな決断はできないんですよね。1%以下の致死リスクやいつおきるか分からない地震を根拠に、今の全てを捨てることは、かなり難しい決断です。できればカミさんと子供が西にいってくれればいいのになぁ。。。やる気のある奥様をお持ちの方がうらやましいです。

  • 2011/06/25(土) 12:46:57 |
  • URL |
  • @meganeman #-
  • [ 編集]

癌になる確率

タバコを吸って癌になる確率がちょうど1.6*1/1000 ですよ。つまりタバコをやめればちょうど癌になるリスクは帳消しとなる。

  • 2011/06/29(水) 19:14:56 |
  • URL |
  • 確率の好きな人 #-
  • [ 編集]

Cancer risks attribute to low doses of radiation

Look at this site please.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC283495/

  • 2011/06/30(木) 13:37:05 |
  • URL |
  • researcher #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad