早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

災害ユートピアから脱却せよ

災害に見舞われた直後は、みんなで助け合ってこの困難を乗り切ろうの機運が被災地に生まれる。これを災害ユートピアという。3ヵ月くらいはこれが続く。しかし、すべてのユートピアが幻想であるように、災害ユートピアも幻想である。やがて打ち砕かれる。

住民と行政の利害は、じつは一致しない。行政も、国・県・市町村の階層ごとに利害が激しく対立する。国と県が協力して知恵を出し合ってこの災害を乗り越えましょうは幻想である。そこには激しい緊張関係が存在する。

この意味で、松本復興大臣が県知事に言った「知恵を出さないやつは助けない」は、相手の立場を思いやったたいへん親切なことばだった。しかしこれを、ジャーナリズムが悪意を持って報道し、それを見た住民とその他の日本国民が情緒的に反応して大臣を辞任に追い込んだ。大臣は、その言葉を住民に向けて語ったのではなかった。県知事を諭したのだった。

みずから工夫して努力しようとせず、助けてもらって当然だの姿勢を取る住民が自分の地域を復興できるはずがない。

被災住民とその他の日本国民の間にも緊張関係がある。血税をいくらまで何に投入するか、きっちり考えないといけない。かわいそうだけでは、この困難は乗り切れない。そんなカネはこの国にない。

安直安易なユートピア幻想からはやく目を覚まして、現実を直視して実現可能な対応策を練らないと、この国はほんとうに滅ぶ。

・「減災のテトラヘドロンは緊張関係で構成すべき」 2007年2月 
・『自然災害科学』に掲載された論文のpdfファイル
松本復興大臣を応接室で待たせた宮城県知事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/05(火) 18:14:18 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

メディアに悪意はなかった

今回のメディアの扱いは,ごく自然なものです.
特に何かを意図的にあげつらう等の,魔女狩り的な報道はありません.

松本氏の,現地での問題発言を何度も見ています.
確かに,真意は妥当なものだったのですが.
それを相手に伝える方法やスキルと言った部分で,決定的な稚拙さが溢れていました.それを見て,多くの人たちが不愉快の感じたのです.これはごく常識的,自然な反応です.

早川さんの,この松本氏の辞任にまつわる一連のtweetを読んでいますが.

このような受け取り方には賛成できません.
筆が滑っていますよ.

>>>松本復興大臣が県知事にいった「知恵を出さないところは助けない」は、相手の立場を思いやった親切なことばだったと受け取るべきである。しかしこれを、ジャーナリズムが悪意を持って報道し、それを見た住民とその他の日本国民が情緒的に反応して大臣を辞任に追い込んだ。

  • 2011/07/05(火) 22:14:28 |
  • URL |
  • suomi #mQop/nM.
  • [ 編集]

大臣が変わって復興が進む?

今回の報道で反原発を隠す(薄める?)事が出来ていると感じてしまうのは不自然なんだろうか?
某女子曰く”原発で死人が出ていないのにバランスが悪い報道だ!”を頂くとするならば、原子力村を扱おうとしないのに問題発言を捕って大臣の辞意を引き出す・・・復興は進まないと思わされます。

  • 2011/07/05(火) 23:16:23 |
  • URL |
  • somekiti #/iP96YCI
  • [ 編集]

プロとアマの感覚の違いかも…

「プロは、結果がすべて。プロセスは関係ない」と言ったのは、プロ野球の野村克也氏ですが、そういう感覚だと、松本氏の発言は、もしかしたら非常に期待できるかも、というモノを思わせました。しかし、幸か不幸か、日本人はこういうスタイルをたいへんに嫌う傾向があります。
結果を出してこそ、プロ。
その意味で、政治家も、自治体も、マスコミにも、プロがいないということを痛感します。

  • 2011/07/06(水) 09:55:56 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

「自ら工夫して努力しようとせず~」
この意味をずっと考えていたところ、たまたま次の記事を見つけました。
「チェルノブイリとフクシマの避難基準の違い」
http://arita.com/ar3
チェルノブイリでは避難条件を国からのアテガイだけではなく、住民が苦しみながら自ら選びとったということ。

被災された方、そして今被ばくにさらされている私たちには残酷だけれど政府が民の事を考えてくれることはなく、自ら立ち上がらないと生き残る道が開けないんですね。

今の国民にこのような強い意志があるでしょうか。そしてこの先も。

  • 2011/07/06(水) 11:53:27 |
  • URL |
  • 東葛エリア在住 #-
  • [ 編集]

早川先生のご意見はその通りだと思います。ただ、津波被災者には高齢者が多い。着地点は難しい選択になると思います。

放射能対策では既に政府は究極の選択をしている気がします・・・。つまり放置・・・。

  • 2011/07/06(水) 14:09:09 |
  • URL |
  • ok牧場 #94omjBp6
  • [ 編集]

大臣の言いたいことわかりますね。
丸投げで税金でやってほしいというのではなくて なにが個人や自治体単位で出来て なにが国でやるべきか?

 お願いしますと言うだけでなくて 明確なビジョンを打ち出せという激励を込めたのでしょうが 言葉のスキルが大臣として足りないですね。
 お笑いのなぞかけいじょうに 視聴者や被災者は 「彼の真意はこうだったんだろけれど・・・」と憶測で察しないと伝わらない。

 フランス人のような歯に衣着せぬ物言いは普段ならざっくばらん表裏がないと評価されるでしょうが 今回の場合は言葉を慎重に選んでパーフォーマンス性はいらないから普通に激励でよかったのでしょうね。

 性格的にはがりがりと働いてくれる大臣だったでしょうが被災地の信頼は裏切られたのは事実です。全てを失った人間は立ち直れないで今もいるのが現状です。かかわる被災地行政も同様です。外部の働きがある程度必要です。現実は思い通りにならないのはもう被災地は十分理解している。あの凍える寒さのなか3日間放置され原発周辺には救助さえ来なかったのが現状です。痛すぎます。

 傷をなめ合えとは思いません。
リーダーはガリガリとした威圧的な態度じゃなくて前向きな取り組みをしてくれるだけでいいんですもの。
 もったいないな それだけです。
あとは マスゴミ対策 彼は失敗ですね。表現の自由があるこの国でマスゴミにオフレコ?あるわけないでしょ?脅しも逆手にとられるのを知らないで発言してること自体 十分失態だと思います。

  • 2011/07/06(水) 15:59:03 |
  • URL |
  • みなみ #-
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/06(水) 17:08:09 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

神戸のボランティア関係者が「自治体が動けばいろいろできるのに動きが鈍い」と苛立ってました。元大臣の関係者が「彼は何度も被災地に入って動いてた。何かあったとしか思えない」と嘆いていました。水上の集会にて。

  • 2011/07/06(水) 22:27:30 |
  • URL |
  • todaakira #nKBDKouo
  • [ 編集]

誰も信じてないから安心して

災害ユートピアなんて信じてるのは東京の人間だけでしょう。
大臣様に言われるまでもなく知ってます。
どのみち知恵を出しても助けてなんてくれません。

「知恵を出さないと」の下りがクローズアップされているのは、マスコミが脅しに屈して報道をしなかったからでしょう。
当時現場にいたマスコミで報道したのはTBC(東北放送)一社のみ。他はすべて屈従しました。本当ですよ。当日の報道を調べてみてください。
NHKなんて切り貼りして無難なところだけ集めて編集してました。
原子力村ならぬ記者クラブ村のいつもの情景です。
ローカル局で大臣と関わりの少ない(一方で知事とは深い)TBSだから流せたのでしょう。
 いつもの取り巻きとの違いを忘れた大臣の失敗です。中央メディアだけなら、放送はなかったでしょう。
(逆に県内メディアでは知事に対する批判はタブーに近い扱いです。)
マスコミとしては権力に屈した(というよりいつも通りに癒着していた)のが後ろめたいので被災者の気持ちを傷つけた的な話にすり替えたいのでしょう。

被災者が望んでいるのは復旧。
国がやりたがっているのが復興。
1000年に一度の津波に耐えられる要塞を作るから移住しろ、金は出せるかどうかわからん。
基本的に国が言ってるのはそういうことです。

  • 2011/07/07(木) 00:19:44 |
  • URL |
  • 10年住んだマンションから放り出された程度の被災者 #wSIlzfGA
  • [ 編集]

私もまさにそう思っていました。
それを発言したら、周りから叩かれましたが。
この非常時に、日本人が情緒的なことに対して嫌になってきました。

  • 2011/07/07(木) 01:48:52 |
  • URL |
  • kanakoT201 #SFo5/nok
  • [ 編集]

松本氏について、私もあの報道見て憤った人間の一人です。が、その後、彼が復興大臣に就任する直前に読んでいたあるブログ記事を思い出しました。

6月25日「被災地の人々のために、松本龍氏のこの度の就任(おそらく)を喜びたい。瀧野官房副長官と共に、これまで復興構想会議に最も多く陪席し、毎回真摯な眼差しを向けていた人である。」
http://yaplog.jp/genyu-sokyu/archive/34

玄侑宗久氏(福島在住の僧侶・芥川賞作家、復興構想会議委員)のブログです。

こちらの記事を読み返してから、松本氏は責任感の強い偽悪者、長い目で見ないと良さが分からない等の意見、
また彼自身の言葉「私は被災した方から離れません」を見てみると-あの言動もちょっと違った印象で見えてきますね。

あと、東京都内で行われてた復興構想会議を「東北でやるべきだ」って発言あった事も今調べて分かりました。

  • 2011/07/09(土) 23:26:26 |
  • URL |
  • is #1LgdlyEs
  • [ 編集]

うーん.でも、こう言ったら叩かれるってわかってないようなら,やっぱり浅はかだったんじゃないですかね。
ボール蹴るのもマスコミ(の先にいる情緒的な日本人を)も意識し且つ利用しようとしてたんでは?
マスコミありきで行動していたと思いますよ。なのに計算できてないとはねぇ。
周りの人達もそこんとこ言えてないんじゃあどの道,こうなる運命だったでしょう…
あ、もしかすると実はヤッパリ辞めたかったので、逆に利用したのかもしれませんね。

  • 2011/07/12(火) 03:45:10 |
  • URL |
  • くらん #Qi8cNrCA
  • [ 編集]

私もそう思っていました。勉強だって努力しなくては自分の身になりませんよね…。
松本さんの男気、信じて欲しかったです。

  • 2011/07/12(火) 07:53:11 |
  • URL |
  • sono #-
  • [ 編集]

はじめまして。
宮城県知事は復興へ向けてしっかりとビジョンを示し、仕事しています。松本氏のあの発言は佐藤知事に向けられてこそ正解。(言い方には問題ありますが)佐藤知事はあまりに無策。福島県民にとって不運の連鎖は、この災害がこの政権でこの知事のときに起きたことです。
失礼します。

  • 2011/07/13(水) 10:47:34 |
  • URL |
  • matsuko #XMatgrFs
  • [ 編集]

福島県に住んでおります。
私達の選んだ県知事や市の議員は、自分達の考えをなんの発信もせず苦情ばかり。自分達が発信しなくては何も変わらない。私自身も発信する立場にならなければ。
松本氏の言葉はとても有り難いと感じます

  • 2011/07/21(木) 18:01:56 |
  • URL |
  • churi #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad