早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

日光霧降高原と川場村の放射能測定写真

 IMG_1161.jpg IMG_1162.jpg
霧降高原第二駐車場。
(左)側溝の上で測定(9.427マイクロ)
(中)測定器の下には泥が堆積している。
(右)駐車場全景。中央アスファルト直置きで0.496、1メートル上は0.477。側溝の上1メートルで1.328だったので側溝の異常に気づいた。

霧降滝
霧降滝の駐車場は0.613。ちょうど大型バス2台で小学生の団体が到着したところだった。

IMG_1169.jpg
川場村保健センター雨どい直置き5.852(6月30日は6.284だった)、1メートル上で0.468。草地の上1メートルなら0.382。

IMG_1165.jpg
有名ブランド川場コシヒカリが元気に育っているが、この秋の収穫はどうなるのだろうか。たいへん心配だ。

コメント

早川先生 ありがとうございます。

早川先生のツイッターを毎日拝読のみしております。
私自身はツイッターはやっていないので、こちらに書き込ませてもらいます。

先生は、行政に代わり尊い仕事をされていると思います。
ツイッターで心ない人達がいますが、先生、どうか、このまま測定をお願いします!。

正しい事を書け!と息巻いている某市の方達がいますが、
この方達は、学問と言う事を理解していないのでしょう。
学問や研究は、どんどん更新していくものですよね。
新しい事が分かれば、どんどん地図が塗り替えられて当然です。
そうやって、物事は精度を高めていくのに・・。

無理難題を言ってくる人達は、きっと、風邪薬一つも飲めないですね。
なぜなら、副作用のない薬はないから。
高圧的に”完璧”を望む人は、自分が”完璧”な答えを用意して、
反証をしてほしいです。

早川先生、これからもお体を大事になさって下さいね。

  • 2011/07/06(水) 19:02:46 |
  • URL |
  • 東京西部在住 #-
  • [ 編集]

川場村は娘の林間学校のキャンプ先...

早川先生

毎日ツイッターを拝読しています。

この内容は個人的に大変衝撃的です。
なぜなら、小5の娘は9月に川場村へ林間学校に行く予定なのです。

正直、一瞬「あ、少ないじゃん」と思ったのですが、一桁違っていました...

小生の在住する区の区長がツイッターをやっている方なので(つまり「あの方」です)、このサイトの内容を元に、区として林間学校の実施、もしくは実施場所の再考を直訴したいと考えています。

一刻も早く、という意識があるため、事後承諾になってしまうかもしれませんが、ご理解くださいませm(_ _)m

乱文および不躾でまことに恐縮です。

ツイッターや本HPを通じた日々の情報公開について感謝申し上げます。

  • 2011/07/07(木) 00:10:21 |
  • URL |
  • やす #-
  • [ 編集]

悩んでいます。

こんにちわ。早川先生のツイッターは最近頻繁に拝見しています。早川先生が白黒はっきりおっしゃってくださることで、正直スカッとします。また、わかりやすく、本当に知りたいことがたくさん書かれていて助かります。
とはいえ、まだまだ勉強不足で、子供のことで悩んでいます。我が家もこれから、小6の子が日光に2泊3日で林間学校に、そして年長の子が1泊2日で川場村にお泊まり保育に出かける予定です…。しかし、知れば知るほど、行かせたくない、と思ってしまいます。心の中は、なんでそんな所に行かなければならないのかと、憤りを感じていますが、もろ手を挙げて戦う勇気も知識もありません。行く、行かないは個々の家庭の判断しかない状況です。
幼稚園の方は川場村がホットスポット化していて、区立小学校でも行くにせよ、ある程度の対応策がとられていることを情報提供したにもかかわらず、昨年同様、川でのにじますつかみ(そのあとそれを食べます)、ブルーベリー狩りを行うそうです。行けば思い出作りもできて子供の気持ちは満足、仲間からも浮かなくて済むでしょう。この程度の日程ならば、思い出を優先させて送り出したほうがよいか、やはりうちは行かせませんとするか判断できずにいます。
私と同じように悩んでいる親も少なからずいると思います。お忙しい先生に大変恐縮ですが、判断の助けになる情報、アドバイスがございましたら、是非お願いしたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/07(木) 11:18:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

日光修学旅行

我が家も6年生の娘が10月に行く予定で悩んでいます。1泊2日です。
保護者の中には線量は高いけど1泊なら仕方ないかなとあきらめている人もいます。

娘には放射線が身体に良くないことを話し、給食、牛乳の中止、マスク着用、外遊びの制限は
理解してくれています。修学旅行は行かせたくない。でも本人は今からすごく楽しみにしています。
運動会もプールもそうでしたが、親としては止めたいが止められないのが現状。
甘い!と叱られそうですね・・・葛藤続きの毎日です。

学校の先生は事前に下見に行くとのことなのでその時に文科省管轄事業で「はかるくん」を2週間無料貸し出ししているのでそれで測ってきてほしい旨を伝えてみます。
その反応次第ですがそもそもどの数値が危険なのかさえわかってません。
校内敷地を保護者が測ることさえ認めない、校内掃除をするにも放射線の旨は触れないこと、とにかく異常なほどこの話を避けたがります。

今回のこの問題の根本は「どの数値なら安全なのか」が分からないことです。
保護者が訴えるにも説得ができない。保護者が一番悩んでいるところです。
この安全値が示されない限り悩み続けることになります。
どうしたらいいのだろうか。

  • 2011/07/08(金) 00:40:10 |
  • URL |
  • 東葛エリア在住 #-
  • [ 編集]

林間学校とか…

こんにちは。

日光は判断がぎりぎりのところになりそうですね。わたしの中では高学年であれば、本人が行きたがれば行かせる本当にギリギリです。本音のところでは行って欲しくないです。安全といえる被ばくなんてないので……、マスクは気休めかもしれませんが、インフルエンザ用をもたせると思います。

那須、那須塩原はもっと凄いのですが(土の上は全体的に0.6μSvかそれ以上、牧場など草木が茂るような場所は1μSv以上)、娘が林間学校で行くことになってます。
さすがにボイコットすることにしましたが、特に引き止められませんでした。

日光那須など県北が防波堤になった面もあり、切ないです……。
このように、子供達を無理矢理被ばくさせるのではない形で、県北を支援をして欲しいです。
県庁、地元自治体もそういう方向ではっきりと意思表示をして頂きたいものですが。

  • 2011/07/08(金) 09:35:02 |
  • URL |
  • 新※ #C/O123HM
  • [ 編集]

早川先生ありがとうございます

こんにちは。
早川先生のブログ、ツイッター共に参考にさせていただいております。

我家も6年生の子どもがおり、日光林間学園の日程が迫ってきています。

現在プールは保健室待機・給食の牛乳は辞退しお茶を持参しています。
内部被曝から考えると給食をやめられないのが悩ましいのですが、
日常に関して子どもとしては我慢できるギリギリの所のようです。
校長と話した所お弁当にすることは親の判断で可能ですが、
子どもの学年ではアレルギー以外の理由での給食・牛乳の辞退はなく、プールの見学もないようです。
教育熱心な方が多いはずなのですが・・・別問題なのでしょうか。

日光について私(母親)は行かないで欲しいと説得し、本人は行きたいという平行線状態です。
ちなみに夫は「行かせて良いんじゃない。精神的に弱いし・・・」と。

今のところは前日に熱が出て不参加の予定です。

  • 2011/07/08(金) 10:36:32 |
  • URL |
  • 世田谷区在住 #-
  • [ 編集]

広島原爆20個分の放射性物質

複数の方のツイッターでとりあげられていた児玉教授の記事。
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001107010005
冒頭の「広島原爆20個分の放射性物質が飛散された。」
先生が調査してくださった山間部の放射線量の高さに驚きましたが、それだけの放射性物質が飛散されたのですね。まだ調べられていない場所からホットスポットが見つかるかもしれないですね。

  • 2011/07/08(金) 11:04:08 |
  • URL |
  • QP #-
  • [ 編集]

日光林間学園は世田谷区の子供たちの教育プログラムなので、世田谷区のHPから区長ヘメールを送ってみました。

素人が薄っぺらな、つけたばかりの知識をふりかざしての内容で、間違いもあるかもしれませんが、個々の学校が行く行かないを判断することはできないようなので、自治体に意見を主張するしかないかな、と。今更ですが…。

西日本の食材を買い求める守りの姿勢から、親として何かできる行動はないかと考え、はじめて起したアクションです。もし区から何らかの回答があったらアップします。(あまり期待してませんが。でもこのような意見が多く寄せられれば、区としてもなんらかの回答をせざるをえなくなるのでは、との期待はしています)

今、次にできることとしてガイガーカウンターの購入を検討しています。こちらも一からの勉強ですが…。


以下そのメール

テーマ:区立小学校の川場村移動教室および日光林間学校について

ご意見:群馬県が行った放射線調査で、川場村、日光が高い数値(0.5~0.6μSv/h)である事が判明しました。
この数値は、チェルノブイリでの移住権利区域レベルにあたります。これだけ放射能で汚染されている地域に、原発事故以前同様、子供たちを送り出すことに憤りを感じています。

放射線管理区域で働く成人の限度20mSv/年を子供に適用した国は、将来その罪を問われることになるのではないかと思います。

野田市では自治体独自に子供たちには1mSv/年の基準を設定し、その結果0.3μSv/hを超えた地域への立ち入りを禁止するとのことですね。

川場村、日光は0.5~0.6μSv/hですよ!野田市では余裕で立ち入り禁止区域に、世田谷区は子供たちを行かせるんですか?

学校で一丸となって、良い体験、良い思い出を作りにいくぞ!という雰囲気のなか、楽しみにしている子供たち。思い出作りと被爆のリスクとの間で複雑な思いの保護者たち。

私は世田谷区は良識あふれる自治体だと信じたいです。早急に汚染地帯への林間学校、移動教室は中止してください。 心から、お願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/09(土) 04:31:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

早川先生 マップ・データー、ありがとうございます。
本来国がやるべき事なのに、頼りになるのは一部の学者さん、わずかな専門家だけです。日本はどうなってしまったのでしょう。もともとこんな体質だったのでしょうか。盲目的に追従する人間の特性も垣間見えます

放射線量の高い地域に子供を行かせるかどうかは、少ない資料を見て、それぞれの親が考え決断するしかありません。
棒が倒れるか倒れないか。その判断は物理学者も素人も同じではないでしょうか。最後の判断は親の”感”、考えだと思います。

危険かどうか以前に、詳細なデーターも示されていないホットスポットに、何の対策も無く、教育関係者が子供を連れて行くことに恐怖を感じます。あまりにも無責任、粗末な行為だと思います。

  • 2011/07/09(土) 04:40:47 |
  • URL |
  • 大人の 責任 #-
  • [ 編集]

やらせメール

パブリックコメントは、税金を使って、行政執行の参考にする為に行っているものなので、公務。
それを妨害する行為は、公務執行妨害だと思います。
あんなことをやって、法律に違反しないはずが無いと思います。
経産省が、九電を告訴するかどうかは別ですが。

  • 2011/07/09(土) 06:09:31 |
  • URL |
  • 浅学の身ですが #JalddpaA
  • [ 編集]

それは、京大受験生を偽計業務妨害の罪に問うた考え方と同じですね。賛成しません。

  • 2011/07/09(土) 08:43:45 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/10(日) 09:32:31 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/10(日) 12:04:04 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

川場・日光移動教室で悩んでる方へ

うちは6月末に川場でした。川場に問い合わせた所全く問題無いと。教育委員会も、川場の人が普通に生活してるから大丈夫だと思いますと。世田谷教育委員会で現地調査には行ってないと言われました。校長も全く危機感が無く、保護者からアクションを起こし説明会を開きましたが、校長は「もし原発が爆発して子供に症状が出たら中止して帰ります」というくらい無知でした。結果10人程、堂々と理由を述べ行きませんでした。子供の安全を本気で考えるはずのトップがこれでは…。世田谷区ってもっとしっかりしてると思ってましたが間違いでした。残念です。やはり最後は自分の子は自分で守るしかないんです。ちなみに、行かなかった事で、後日保護者や友達に何か言われたり親子共に嫌な思いは全くしてないですよ!

  • 2011/07/11(月) 11:03:14 |
  • URL |
  • 世田谷区民 #-
  • [ 編集]

情報ありがとうございます

いつも情報ありがとうございます。私の娘も本来なら明日から日光研修の予定でした。場所の変更等を、学校(私立)に申し入れても、“栃木県も日光市も問題ないと言っている。””私立といえども、行政(所在地の教育委員会)に従う必要がある”と、取り合ってもらえませんでした。トップに子供の将来を考える想像力も、責任感も無い不幸を強く感じています。当然娘は参加させませんが、教育委員会に確認したところ、“指導する立場にないので、なにも申し入れをしていません”との回答でした。教育者が、嘘をついてまで何故子供達を危険に晒したいのか理解できません。

  • 2011/07/11(月) 12:07:58 |
  • URL |
  • 周防介 #z7XDr28E
  • [ 編集]

下旬から那須へ林間学校へ行く予定です。
私が住んでいる地域は問題を口に出来ない雰囲気です。風評被害に悩んでいる地域でもあるので。

国が安全ですと言う限り、何も言えず、学校に訴えても文科省の言う値を下回っていますの一点張りで、何も変わりません。

子供を本当は参加させたくないけれど、楽しみにしているのでそこまではさせられません。

どうぞご自由に欠席くださいとあしらわれただけで、無力さを感じます。

  • 2011/07/11(月) 14:32:55 |
  • URL |
  • yamaharu #-
  • [ 編集]

林間学校などで悩んでいる方へ

他人の考えにに自分の子どもの命を預けるのはやめましょう。

自分で考え、どんな結果になっても後悔しないように判断して行動することでしか、自分の子どもは守れません。

子どもは親が自分を思って真摯に行動していることが理解できれば、どんな不自由な状況でも受け入れてくれます。

私は練馬区から子どもたちを連れて長野県松本市へ移住します。
嫌がったとしても連れていくつもりでしたが、なんの抵抗もなく受け入れてくれました。
絶対に友達と別れることいやなはずなのに、拍子抜けするほどでした。

それは、私たち夫婦が3月からずっと話し合ってきたのを聞いていたからなのだと思います。
この親孝行な優しい娘を、放射能なんかのせいで病気にするわけにはいきません。

今をの生活を守るか、未来を守るか・・・。
そのために自分の出来ることは何か、決めるのは自分です。

  • 2011/07/13(水) 20:01:46 |
  • URL |
  • takeikouchi #sy6HPlss
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/13(水) 23:55:29 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/08/07(日) 10:07:26 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

疲れる。。。

修学旅行説明会にはぼんやりした保護者ばかり。みな知らないようです。

新聞、テレビのみの情報ではあんなになってしまうのか。
 
4年後7年後教育関係者を訴える親が必ずでると思う。

  • 2011/09/05(月) 15:39:07 |
  • URL |
  • kei #-
  • [ 編集]

戦慄を覚えました

07月07日に書き込みをしましたやすと申します。

本日、小生の娘が通う学校の川場村の移動教室の説明会がありました。

驚いたのは、学校は教育委員会の言いなりで、自主的な思考を持ちえていないこと、それと子供が川場村の移動教室に参加する事を我が事のように喜んでいる親御さんが多かったことでした。

もう原発事故などなかったかのような説明会に戦慄すら感じました。

また保坂区長は8月に教育委員会の独立性を鑑みたツイッターをしていましたが、川場村のサマーフェスティバルに参加するなど、川場村の関係を重要視し、この件は深く関わりたくない雰囲気を感じます。

今晩家族会議をすることになるかと思いますが、私は子供を川場村に行かせたくありません。

その思いを強くしたのは先生のツイッターとこのブログ(と書きこまれた世田谷区の有志の方々)です。
非常に感謝しております。

これからもお体をご自愛の上、ますますのご活躍を心から祈念申し上げます。

最後に、多くの日本人は、やっぱり日本人なんですね。
太古の昔からの習性は、天変地異が襲っても変わることが出来ないのでしょうか。
そして恐竜のように滅びてしまうのでしょうか..

  • 2011/09/05(月) 20:33:41 |
  • URL |
  • やす #no8j9Kzg
  • [ 編集]

川場村の放射能対策について

 早川先生、少しお借りいたします。
---
 beniさんへ

 私は高崎に住んでいます。

 川場村や21世紀の森周辺はまだ高い線量を維持しています。
 私は県に対し、川場の子供と妊婦の尿検査をするよう提案したのですが、部外者と考えているのか未だ回答はありません。

 川場に住み続けるのであれば、その上で一人たりとも放射能による犠牲者を出さないことを望むのであれば、相当の覚悟を持って知識を持つ人間が守っていかねばなりません。

 除染、食品汚染等総合的な対策が必要です。個人レベルではとても対応できるレベルではないと考えます。
 そのためには、地元の有志がまとまって行政にあたるべきです。
 原発事故から半年が経ち、放射能に対する不安が薄れつつあります。この状態が最も危険であると考えます。なし崩しで放置しておけば、5~10年後には何らかの放射能の影響による疾病が増加すると確信しています。

 東京都民ですら体内から放射性セシウムが検出されました。
 早急に地元に放射能対策の組織を立ち上げることを希望します。そして、まず村民の内部被曝がどれほどなのかを調査されることを希望します。


 

保守王国 群馬県の放射線汚染と子どもたち

昨日川場村の放射線値のことを知りました。世田谷区のお子さんもかわいそうですが、川場村で暮らす子どもたちはもっとかわいそうです。母親達は心配して、測定値の公表、除染などを求めているのでしょうが、村の権力を持つ男性たちが情報公開を抑えている構図が目に浮かびます。群馬県は原発推進の中曽根元首相のお膝元県なので、声を出せないのだと思います。群馬の子どもたちはかわいそうです。

川場村の子どもたちは、福島の子どもたちと同じです。暮らしを変えることは容易ににはできません(もちろん変えたほうがよい)。かわいそうですが、親権に阻まれて他人が口を出すことはできません。

いっぽう、世田谷区の子どもたちの場合は、簡単です。行かなければいいだけのことです。むずかしいことはなかなかできませんが、簡単なことはすぐに行動に移すのがよろしい。簡単なのに放置するのはたいへん無責任です。

  • 2011/10/07(金) 14:43:31 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

欠席することと一生体にリスクを負う可能性を秤にかければ、どちらが大事か言うまでも無い事です。
3.11以来、自己責任時代に入った事が理解できていない人が多いようですね。
この期に及んでまだ国の事を信用している事自体、愚かですね。
数年後そんな人たちが、訴訟騒ぎを起こしてマスゴミのネタにされるのが目に浮かびますな。

  • 2011/10/07(金) 21:01:31 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

こんばんは。
早川先生 今 私 ふっと 昔のことを思い出しました。私はある 生協を25年利用していますが、その生協に 20年ほど前? 何度か 現世田谷区長が 顔写真と共に 掲載されていたのです。丁度その頃 高圧線の近くでの 電磁波などについて 月刊誌で 取り上げており その次のページに 区長が掲載されていたのを思い出しました。彼は 放射線などについても 大変詳しいと思われます。それでも 子供達を 川場村に いかせるのでしょうか 区長は区民を守るために存在する方ですよね?確か その生協は 世田谷区が発祥だったと 思います。まじめな母親達の支持を受けて 区長に当選されたのではないのかと 不思議に思いました。最近私も 多忙で 月刊誌までは 目をとおしていませんが・・・・・(今日はTwitterから お邪魔しました)

  • 2011/10/14(金) 00:07:22 |
  • URL |
  • kirokoro #z96dxkUo
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/10/18(火) 21:31:49 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

みなさんが同じような思いで、子どもさんの修学旅行について考えていらっしゃるのを知って少し安心しました。
私も4月から半年間、ずっと日光への修学旅行のことで悩んできました。
今日、日光市の最新の放射線測定マップを見て行かせないことを最終決断しました。
やはり、0.4~0.5マイクロで汚染され、高いところでは0.7という線量になっているのを見て、とても安心していかせられないと判断しました。

校長に伝えたことはまだ息子には話してません。明日、じっくり話し合うつもりです。
でも、今日、高校生の娘にこっそり話してみると、「子どもの気持ちを考えてない!」とものすごく批判されてしまいました。

気にしすぎであり、1日,2日の旅行はどうってことないと・・・。「命より大事なものがあるはず。一人で生き延びても幸せなの?」・・・とまで言われて、とてもショックでした。

原発のことも、放射能のこともなんでもないことにしようとする日本の策略にすっかりはまってしまっているようです。
この風潮は、お母さんたちにも、教育界全体にも、同じように広がっています。
その中で超少数派の自分が、今、とても辛いです。

  • 2011/10/28(金) 01:31:05 |
  • URL |
  • 静岡東部 #-
  • [ 編集]

静岡東部さんへ

静岡東部さんへ
大病を経験していない若い人に命より大事なものと言われてもねえ。
息子さんに話してから校長先生という順番が違っただけです。
がっかり悲しんで泣いて粛々とわが道を行きましょう。

  • 2011/10/28(金) 10:21:34 |
  • URL |
  • 神奈川県 #-
  • [ 編集]

静岡東部さん、がんばって!

子どもさんに批判されるのは、とても辛いですね。でもがんばって!
うちには中一の息子がいます。
後輩の小学生たちはそろって川場と日光に行ってしまいました。
小学校の校長先生は結局何も言ってくれないんだな、と思いました。
今は自分の子どもを守れるのは保護者しかいません。
息子も「自分だけ給食の牛乳を飲まないのはイヤ」と言っていましたが、
私が九州から野菜を取り寄せたり、ヨーグルトを水切りしてるのを見て
少しずつ意識が変わって来ていると思います。
ニュースを一緒に見る時も、おかしいと思うことはその時伝えるようにしています。
普段の静岡東部さんの姿を見ていれば、子どもたちはきっとわかってくれると思いますよ。
がんばって!一緒にがんばりましょう!!

  • 2011/10/28(金) 23:20:59 |
  • URL |
  • 世田谷主婦 #-
  • [ 編集]

ありがとうございました!

神奈川県さん、世田谷主婦さん、
コメントありがとうございました。
今回の修学旅行に関する闘いの中で、実は娘の反応が一番辛いことでした。
今まで、頑張ってきたことはなんなんだろう・・・という気になりました。
でも、娘も含めて世の中の楽観的な反応に、改めて、目に見えないし匂いも味もない放射能への恐怖を感じます。
こうやって油断している間に、じわじわと体をむしばんでいくのでしょう。
6年生の息子とはじっくり話をして、なんとか説得に成功しました。
早川先生の測定も大変参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
原発事故前の10倍以上の放射線量の値がでているところには、やはりどうしても行かせることはできませんでした。
これでよかったんだと思っています。

  • 2011/10/30(日) 07:45:19 |
  • URL |
  • 静岡東部 #-
  • [ 編集]

こんにちは。

我が子の通う幼稚園も、今年も川場村移動教室を実施します。
園の説明は、川場村は除染したので大丈夫です!知り合いの専門家も大丈夫と言っています。
これでも怖いなら何処にも行けませんね。というものでした。
ストロンチウム、プルトニウムの測定結果が7月に出ますね。移動教室はその数日前です。
世田谷で検出されているので、川場で出ない訳がありません。
どうか一人でも多くの親御さんが気付きますように・・・

  • 2012/06/26(火) 12:22:22 |
  • URL |
  • 世田谷区親 #-
  • [ 編集]

こちらも、世田谷区在住のため、息子は川場への移動教室、二泊三日があります。ですが、除染しなくてはいけない場所へなぜ子どもを行かせるのか、大人達の、事なかれ主義を目の前にして、愕然としています。
もちろん、息子は不参加です。まだ地震も頻発にあるのに、それにも触れず、当たり前のようにカリキュラムを消化していこうとする教師たちにも
驚きます。自分の子どもは自分で守るしかない日本なのですね。

  • 2012/09/11(火) 23:12:55 |
  • URL |
  • やま #-
  • [ 編集]

いいのかな~???

川場の件、子供の周囲でも問題になっているようです。勉強させていただくうえで、参考にさせていただきました。有難うございます。分野違いですが、わたしも研究者の端くれです。先生のデータを含め、皆さまの議論を眺めていて感じたことを申し上げさせていただきます。

まず、データの問題です。そもそも、世田谷や川場といった、当事者自治体のデータは「安全か安全でないか」の基準にはなりえませんね(当事者は利害関係がありバイアスを持ちえますから)。しかも、世田谷区の発表では、サンプル地点選択や採取条件をはじめデータの採取法も何もほとんど記述してありません。環境省の資料をはじめ、普通は採取法含めデータの妥当性が分かるように記載するものなのに。先生のデータや環境省の汚染状況重点調査地域のデータを重く見たほうが良さそうです。仮に世田谷区の説明が、学術誌に投稿されたら、リジェクトもしくはデータ収集の客観性が維持できるよう大幅改訂を要求されるはずです。それくらい信用性に欠ける感があります。ご存知のように、恣意的なデータ収集・改ざんは、研究者であればクビで永久追放となるような「重罪」です。世田谷区は分かってるんですかね。そもそも当事者自らが測って安全を主張しているような「お手盛り」は論外なのですが・・・。世田谷区のやり方は、あまりに粗雑なので驚きです。

百歩譲ってデータの詳細は問わないことにしましょう。その場合、より重要なのは、この件については「データで正しいか間違いか決定的なことは誰も言えない」ということだと思います。限られたデータの中で、どう判断し決定するかが一番の問題なわけです。ところが、なぜか「安全」であると確信させるかのような回答が、区や教育委員会から出されている始末です。(まともな説明もないような)データを適当に揃えれば何とかなるとでも言いたげな態度は、とても信用できないという印象を抱かせます。

最後に、そもそも判断や意思決定の考え方が致命的なように思います。限られたデータで不要に危険を強調するのは当然望ましくないわけです。しかし、危険と認識されるべき証拠があれば、抜本的に判断を変えて対応を考えなくてはいけないと思います。安全かどうか誰も断言できないのであれば、この場合は、基本は停止ということになります。「最悪の事態を想定して、そのなかで最善の選択をとる(マックス・ミン戦略)」が、重要な決定のスタンダード。ところが、どうも日本のお役所の判断は逆で、「最善のことを想定して、悪くても最善の下くらいにはなる」という妙な楽観論になりがちです。関連の官庁にも出入りしているので、中央ではかなり変わってきているのは分かります(まだまだだと思いますが)。しかし、どうも世田谷区のような自治体では危機管理の発想が問題という意識すらないようです。驚くと同時に、失望を感じぜざるを得ませんでした。

データの蓄積や理解は進んでいるのに、思考法が判断や意思決定を歪めているのでは、しょうがありませんね・・・。同じような失敗をまた繰り返しそうです。公的機関に関わる研究者が言ってはいけないのかもしれませんが、日本の公教育機関に子供を託していいのか・・・、かなり不安になってきました。長文失礼しました。

川場

早川先生、はじめまして。いつも拝見しております。ありがとうございます。

川場も日光も、これだけのデータがあるのですから、不安に思ってもおかしくないと思います。(データ提供してくださる皆様に感謝!)

親は常々、子供へのリスクはなるべく少なくしたいと願っていますが、そんな親心がなぜ理解されないのでしょう。残念でたまりません。

311でひばくという経験をさせられたこどもたち。日本の将来を担う大切子供たちです。それなのに、こんな仕打ちを続けているなんて愚かすぎる!全国の子供たちをまず救うべきなのに。

うちは川場不参加でした。なぜなら、後々何か問題が起こった時に、たとえそれが原因ではなかったとしても「あの時行ってしまったから?」などと後悔してしまう自分の性格がわかっているからです。
もうひとつの理由は、世田谷の子が川場へ行く限り、川場の子は「安全・大丈夫」とされてしまうからです。

中には不安だけれど参加させるご家庭や、様々な理由で参加せざるを得ない状況のご家庭もあることでしょう。

でもできることなら、みなさん勇気を持って、できる範囲で自分の正直な気持ちに正直に行動してみませんか?

ひとりひとりが気持ちを伝えれば大きな動きになります。「NO」を伝えなければ「YES」と判断されてしまうようです。

形勢逆転までもう少しのような気がしています。川場に関しては「沈黙は金」ではないらしいです。

  • 2012/10/07(日) 04:03:18 |
  • URL |
  • 世田谷区のおかん #syoCyVio
  • [ 編集]

>川場村は除染したので大丈夫です!知り合いの専門家も大丈夫

データ測定自体に疑問符が付くのに、大丈夫も安全もないと思います。世田谷区長は内閣府のある原子力専門家にセカンドオピニオンを求めたようですが、その方に世田谷のデータ測定の実際をきちんと説明したんでしょうか?その他の方々の提示している信頼できそうなデータも見せたんでしょうか?(その方が政府寄りかどうかとか、そういうあいまいな印象論による批判は意味ないと思います。)

世田谷による数字だけ見れば、問題ないというでしょう、当然。ただし、専門家であるにもかかわらず、データ詳細も確認せず、他の議論の分かれそうなデータも確認せず、世田谷の出した数字だけを見て安全で問題ないといっているのであれば、相当無責任な専門家に思えます。専門家として信用するに値しないのでは・・・。

原子力関係に知識があるというだけのこういう専門家に判断を委ねてきたから、こんな状況になってるわけです・・・、状況は変わってない気がします。こういう議論の分かれるケースの判断は、数字や専門家が機械的にするものではなく、「判断力を持つ人間」がすべきでしょう。そのために政治家やリーダーというものが存在するはずです。でも、どうも機能していないようですから、結局自己判断ということなんでしょうね・・・。

なお、データを問うなら徹底的に問う必要ありです。そうでないといくらでも言い逃れできます。また、このケースは、リスクがあるかどうかは、データで争っても白黒つかない問題です。数字だけを論拠に争ってもラチはあかない気がします。データは議論のスタートラインや詰めには重要です。しかし、数字で確定的な結論は言えないのですから、数字の高い低いを争点とするよりも、「リスクに対してどう判断するかの姿勢」を質すほうがいいように思います。

結局、みなさまが、書いておられる通りのことですが・・・公の場での議論の仕掛け方や戦略は、正論やデータ以上に重要なことが少なくありません。

高い見識をお持ちだと、読んで感じました。

  • 2012/10/09(火) 06:38:43 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

世田谷の親御さん方へ

早川先生の大変参考になる測定にいつも感謝しております。

コメント欄読んでいますと、世田谷在住の親御さんで5年生で川場村、6年生で日光と汚染状況重点調査地域に行くことに躊躇い、情報を集めている方々がいるようです。
そんな親御さん達が有志で作ったページがあります。
http://kawaba-kangaeru-hogosha.jimdo.com/

情報を共有し、何が正しいか。区や教育委員会が今こどもたちに何をしようとしているかをはっきりと理解したうえで判断すべきと思います。曖昧に「みんなが行くから」とか「川場にも子供がいるのだ」といった行政の常套句を盲信せず、現実はどうなのかを確認しましょう。

区議会では常に議題にのぼり、つい先日も世田谷区教育委員会では川場問題についての請願を受けて審議されました。詳細なまとめもあります。
http://t.co/XZ1tmV0g

行政が何を守ろうとしているのかが会議録から少しかいま見えます。

  • 2012/10/12(金) 14:42:42 |
  • URL |
  • @kosekome #a2H6GHBU
  • [ 編集]

すごいね

  • 2013/06/13(木) 09:18:22 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad