早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

放射能の自然減衰

saitama0307.png

さいたま市北区の18地点。単位はマイクロシーベルト毎時。2011年9月14日と2012年3月7日の放射線量はどこもほぼ同じ値を示す。ただし平均13%減少している。これは、半減期による減少で説明できる。つまりこの半年間、地表付近の放射性物質はほとんど移動しなかったとみられる。


saitama.png

0.111 土呂駅前マサ
0.262 駐車場コケ
0.370 「黒い物質」



sg.png
群馬県北軽井沢における放射線量の減衰。6月21日から4月20日までの10か月間で21%減

コメント

ありがとうございます。
しかし、こんなにも動かない物とは思いませんでした。相手かまわずひっついているのですね。雨にも負けず風にも負けず・・・。こんなに雨のおおい国なのに、台風だって一杯きたのに。放射性物質は動かない物なのですね。勉強になりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/07(水) 23:50:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/08(木) 02:12:48 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/15(木) 01:25:33 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

よくわかります

わかりやすい図をありがとうございます。
半年間、放射性物質がほとんど動いてないのがよくわかります
14日新聞で放射性物質が30cmまで浸透している可能性を報道してましたが、早くどんどん除染してもらいたいです。

  • 2012/03/16(金) 19:23:47 |
  • URL |
  • taki爺 #-
  • [ 編集]

測定値の差か

私の家の敷地内0.08と先生が測定された土呂駅前の0.111は、およそ大差なしと考えればよいのでしょうか。
直線距離で6kmほどです。
エアカウンターSの低線量の特性は高く出ると聞いたことがありますが、たまに0.35とか表示されて測り直すと0.05になったりします。
何度も測り直して平均をとると概ね0.1以下に落ち着きます。
この線量計はちょっと癖があるんでしょうね。
シンチ買える小遣い貯まるのにまだしばらく掛りそうです。

  • 2012/03/27(火) 18:32:06 |
  • URL |
  • dareyanen #YqzQT8Bs
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad