早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

2011年4月のセシウム137降下量



▼2011年、セシウム137(ヨウ素133)Bq/m2、文科省
3月18日 (山梨県120)
3月19日 (新潟2.5)
3月20日 (新潟47)
3月21日 甲府36、御前崎72(甲府390、御前崎200)
3月22日 甲府14、御前崎25(甲府64、長野190、御前崎150)
3月23日 甲府29、御前崎5.9(甲府540、御前崎5.8、松江0.96、岡山1.6)
3月24日 御前崎8.0(甲府6.8、御前崎4.6)
3月25日 甲府5.4(松江1.3)
3月26日 (金沢6.0)
3月27日 甲府9.7(甲府12、佐賀1.8)
3月29日 甲府3.2、御前崎3.1(宮崎2.5)
3月30日 甲府3.6、御前崎4.6
3月31日 甲府2.9、御前崎3.4
4月4日 甲府3.6、御前崎5.5
4月5日 甲府4.9(宮崎2.5、沖縄南城4.8)
4月7日 (福井1.5、四日市0.98、松江2.4)
4月11日 (松江1.6)
4月14日 甲府2.5
4月17日 各務原4.7(四日市3.0、八幡浜2.3)
4月18日 新潟15、高知2.4(新潟67、富山射水2.4、福井3.1、四日市30、和歌山24.8、松江1.8、岡山15.8、高知4.4)
4月19日 福井3.9(新潟80、富山射水3.1、福井17、四日市2.4、松江4.1)
4月20日 (新潟0.7)
4月22日 新潟1.3
4月29日 福井2.5(福井2.3)

焼却灰のセシウム



昨年4月の定時降下物(文科省)
2010年3月のデータ(文科省、事故前と比較できる)
2011年3月~6月の放射性物質の都道府県別月間降下量と汚染(botanさん)

コメント

いつも情報提供ありがとうございます。
0.125圏内ではない場所で0.125圏内より高い数値の場所があります。
例えば宇都宮は0.125圏内ではありませんが、1200あり0.125圏内である新宿区は280です。
なぜ宇都宮は0.125圏内に入らないのでしょうか。
愚問でしたら申し訳ありませんが、ご説明いただけると有難く存じます。

この図は4月の降下量を示してる。東京には3月21日にたくさん降った。3月の降下量で図をつくればお望みのものができるだろう。この4月図は、遠くを見たかったからつくった。

  • 2012/04/05(木) 11:31:18 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

ご返信ありがとうございます。
昨年4月のセシウム降下量は宇都宮が新宿を上回ったけれど、
現在までの降下量を総合すると新宿区が宇都宮を上回る(よって新宿区が0.125圏内)
という理解でよいでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad