早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

「黒い物質」改め「路傍の土」

東京でも、キロ24万ベクレルに達する土が路上に存在することが最近報告されました。これまでこれは「黒い物質」と仮称されてきましたが、その実体は風雨の作用で地表のセシウムが寄せ集められた土です。自然界ではこれほどの濃縮はなかなか起こりませんが、人工構造物に取り囲まれた都市では容易に起こります。

とくにアスファルト舗装された路上に多く見られるので、これからは「路傍の土」と呼びたいと思います。路傍の土を実際に見て測って調べる会を、日曜日、27日10時から葛飾区金町の水元公園で行います。ついぷらで案内中。どうぞお気軽にご参加ください。

このような項目を勉強します。
・いま東京にある放射能はセシウムである。
・その大部分は、昨年3月21-23日に雨と一緒に地表に降り積もった。
・芝生や草地にはセシウムが動かないでそのときのまま保存されている
だから、いま測っても、どこにどれだけ降ったか知ることができる。さあ、みんなで測りましょう。

ただしその放射能は半減期で減っていて、いまは昨年3月の74%になっています。一方、アスファルトの上に積もったセシウムは風雨で取り去られて路傍の土として集まっています。アスファルトの中深くまで浸み込んでしまったセシウムもあります。

4月5月は風塵が空中を舞うのでセシウムも活発に移動します。乾燥した状態で強い風が吹くと木々の葉っぱや小枝にセシウムが付着します。そういったものを焼却してできた灰は、びっくりするほど高いセシウム濃度になります。

以上の内容を勉強します。そのあとランチを楽しみます。お弁当を持参してください。まあ、くよくよがっかりせずに、楽しく放射能測りましょうという会です。ネット中継調整中。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/05/26(土) 07:54:44 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/05/27(日) 14:09:10 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

東京府中市は200ベクレル以下は不検出扱いだそうです。

そんな給食を食べた子どもたちはこの先どうなってしまうのでしょうか。

恐ろしいです。

http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-689.html

  • 2012/05/31(木) 00:01:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad