早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

2011年3月放射能禍、個人対応の記録

東京都内にひとりで住んでいた大学生の息子に宛てたメールを公開します。

Sat, 12 Mar 2011 09:12:42 +0900
きょうは家から遠出しないこと。
交通は大混乱。
原発から大規模な放射能漏れがあるかもしれない。
福島原発までの距離は200キロ。


Sat, 12 Mar 2011 17:32:59 +0900
原発が爆発して放射能が外に出た。注意しろ。

Sat, 12 Mar 2011 18:35:06 +0900
イソジンをコップ一杯の水に3滴入れて飲む。チェルノブイリで甲状腺ガンが多
発していたのを踏まえ、甲状腺を保護するための備え。それを3日間。イソジン
コップ一杯飲むと甲状腺異常起こすので、してはいけない。

Sat, 12 Mar 2011 18:37:05 +0900
放射線を浴びる段階はすぎた。放射性物質が大気に注入された。もっぱら風で運
ばれるから、風向きに注意。いま上空は西風。下層は南風。福島原発から前橋ま
で210キロ。東京まで250キロ。風下側だから、必要以上に心配することはない。


Sat, 12 Mar 2011 19:48:59 +0900
夕食に「ふじっ子煮ごま昆布」をたくさんいただいた。別に「ごま」である必要
はない。「しいたけ」でもよい。とにかく昆布をたくさん摂取するとよいらしい。
昆布にはヨードが入っている。イソジンは買った。大630円。しかしこれをつかう
のはもっと事態が進展してからにする。いまのところなら、「ふじっ子煮」で十
分。

Sat, 12 Mar 2011 20:18:36 +0900
イソジンには副作用もあるらしい。ちょっと待ってて。ほんとのところをいま調べ
てる。こんばんは飲まなくてよい。まずは、ふじっ子煮などの昆布をたくさん食べろ。

Sat, 12 Mar 2011 22:43:28 +0900
とろろ昆布もよい考えだ。うどんにいれたり、ご飯の上にのせておゆをかける。


Sun, 13 Mar 2011 16:42:32 +0900
イソジンを飲むのは中止。飲んではいけない。
必要なヨウ素100mgを摂取するためには、イソジンうがい薬を14.3mも飲まないと
いけない。3滴なんて気休めだった。また、服用が認められていない有害物質が
含まれている。
海草は、いつもより多く摂取して、体内をヨウ素で飽和させておくと効果がある
のかもしれない。よくわからない。これは食事の工夫だから、してもかまわない。
気休めかも。


Tue, 15 Mar 2011 10:25:14 +0900
外に出るな。家にいろ。午後から雨だというから、雨には絶対に当たるな。風が
こっちに向いてる。いまのうちに食料買出しして篭城しろ。食料は、すでに買い
占められて、店にもうないかもしれない。

Tue, 15 Mar 2011 10:32:02 +0900
地震はまだ終わってない。はっきりわからないが、次が来るかもしれない。心配
だ。東京はあぶない。11日の震源域の南隣が割れるかも
しれない。そういうことは、(世界中の巨大地震で)よくあるのだ。震源域の南
隣とはすなわち南関東とその沖なのだ。

Tue, 15 Mar 2011 11:44:36 +0900
> 雨に放射性物質が溶けてるの?
放射性物質が雨でフラッシュアウトされる。
選択的にその地点に降るということ。
東京まで200キロある。遠くに行くと薄まるのだが、そこまでは晴れてて、そこ
で初めて雨が降ると、遠くなのに思わぬ大量の放射性物質が落ちる。
きょうはそれが心配される天気。

Tue, 15 Mar 2011 13:59:19 +0900
明日になれば、西風に変わるそうだ。
原発がこれ以上にならなければ、明日は出かけてよい。
が、世田谷で放射性物質が観測されたそうだ。


Wed, 16 Mar 2011 11:59:47 +0900
風向き変わった。向こうへ行ったので、外出してよい。
福島原発はのっぴきならない事態。新しい情報の収集に努めよ。

Wed, 16 Mar 2011 16:08:23 +0900
飲み水を3日分確保しておくように。
いま危険は二つある。放射能と地震だ。



翌17日、さいたま市まで呼び寄せて、車でいっしょに松本に避難した。

コメント

なるほど、面白い!…

こんにちは。昨年からの時の人〓のblogを読めるとは幸運です。息子さんを心配してメール連絡している父親の心理が良く解る内容ですね。…僕は日本海側エリア住まいで震災前夜には夜勤をし翌朝また日中の仕事と続き…3月16日迄は仕事で、日中は外に地元現場へ出て居ました。だから現場で、たまたま被災地からの避難車両が多数通るのを見ていました。…あの時の記憶から考えてみると〓仕事中に被災地住民の避難車両が運んできた放射性物質をそれなりに吸い込んだり作業着や道具に付着したり、マイカー内外へ付着したりし、また帰宅後に室内にもそのまま持ち込んだりしていたかもしれない。17日以降は内部被曝の影響が加わったせいか2週間ほど空咳が頻繁に続きました。マルチサプリメントなど抗酸化物質補給を常日頃、実践しているせいか今現在迄は健康障害の大事には至っていません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad