早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

甲状腺検査の疫学

福島県が23年度に実施した子どもの甲状腺検査において、二次検査で76人の細胞診をおこなったという。その結果、10人が陽性だった。そのうち3人ががんと確定診断されて、すでに手術がおこなわれたという。

この結果を疫学的に論じたなとろむさんは、2かけ2表で「病気あり陽性」を2.7としているが、ここではこれを3.0として計算する。 感度=特異度= y とすると、xy = 3 かつ x + 76y = 72 である。これを解くと、y = 0.89、病気あり合計x = 3.37が得られる。

kojosen4.png

感度と特異度が89%程度だと、二次検査で陽性と判定される10人のうち7人が実際には病気なしであることを、もっと多くの人が知る必要がある。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad