早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

毎月のセシウム137降下量、福島県双葉郡と東京新宿

futaba.png

原発が立地する福島県双葉郡で毎月測られたセシウム137の降下量。データは原子力規制委員会のページから。東京は3月が多いが、双葉郡は1月2月が多い。東京の3月は7月の10倍だが、双葉郡の1月2月は7月の20倍に跳ね上がる。

2011年3月は334万、4月は10万、5月は9万9600Bq/m2だったが、グラフに入りきらないので省略した。

sinjuku.png

今年(2013年)の春は、去年の春に比べて2倍のセシウムが空中を舞ってる。東京都健康安全研究センターのデータをグラフ化した。今年の春は風が吹く日が多いせいだと思われる。この状況は5月下旬まで続くだろう。6月になれば、草が地表を覆いつくして風が吹いてもホコリが立たなくなる。
 2011年5月の値が74Bq/m2と高いのは、福島第一原発からの直接降下がまだ続いていたから。同年4月は280、3月はもっと多くて8100Bq/m2だったが、グラフからは省略した。

「この状況は5月下旬まで続くだろう」と5月8日に書いたが、4月分が東京都から公表されて、ホコリの舞い上がりは4月上旬からすでに落ち着いていたことがわかった。(2013.5.28)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/05/09(木) 16:30:27 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

降下物

いつも有益な情報に感謝しています。
いまだに、セシウムが採取されるということは、すでに土の上にあるものが再び空中に舞い上がっているということでいいのでしょうか?
それとも、まさか福島からの降下がまだあるからでしょうか?
線量は日が経つほどに減っていっているのに、いまだに空中からセシウムが採取されるというのは、とても怖いです。
どうか、ご検証してくださればと思います。

  • 2013/05/10(金) 20:16:16 |
  • URL |
  • 神奈川ママ #-
  • [ 編集]

校庭は大丈夫?

いつも事実を伝えてもらいありがとうございます。
東京(新宿)の地表から5cmまでのセシウムは、平成23・24年とも東京都健康安全研究センター(東京都新宿区百人町)で790Bq/Kgですね。
公表されている放射性降下物は土ぼこりのたたない場所だと思います。
子供たちは土ぼこりのたつ土の上でスポーツをして当然呼吸もしています。
大人にはスポーツをしたり風が吹いたりした時に子供たちがどの程度セシウムを吸い込んでいるか集塵機などを用いて調べる義務があると思います。
データがない状態では子供たちを守ることは出来ません。

  • 2013/05/11(土) 10:15:10 |
  • URL |
  • 子供が心配 #.1Yf4bn.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad