早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

いま福島県で見つかっている小児甲状腺がんは原発事故由来ではない。

▼原発事故由来では説明できないこと。
・B判定割合が、福島23年度も24年度も青森も山梨も長崎も、0.5から1.0%である。
・がん数が、福島県内において特定地域に偏在していない。むしろ人口による。
・事故からまだ1年あるいは2年なのに、しこりが2センチもある。
・福島23年度、24年度、25年度検査でがん率が変わらない。時間経過とともに増えてはいない。しこりが大きくなってもいない。

▼多発ではない。
・がんがいままで考えられていた人口比をはるかに超えて報告されているのは、もとからあったが放置されていたがんをスクリーニング検査が無理矢理みつけ出しているからである。これまでに発見されたすべてのがんに自覚症状はなかったという。

▼結論
・原発事故によって小児甲状腺がんが増える心配を理由に、甲状腺スクリーニング検査をするのは、益よりも害のほうが大きい。即刻中止すべきである。検査しても治らない。甲状腺がんを早期発見すれば延命率が上がるとは考えられない。手術して生活の質が低下するだけだ。

kojosengan.jpg
(左図)甲状腺がんの数(疑い含む)をピンの数で示す。27例。ハンバーガーとドリンクは、その市町村でゼロであることを示す。ただし23年度検査対象のみ。
(右図)ヨウ素131の沈着量。2011年4月3日基準。日本原子力研究開発機構。

コメント

医学が専門でない方が、こんな無責任な事を言っていいんでしょうか?

「・B判定割合が、・・・」は、福島を甘く評価し、比較地を厳しく評価すれば、
意図的に結果を操作できます。また、放射能汚染食品が全国に流通しており、
逆にそちらを心配するべきだと思います。
「・がん数が、・・・」は、まだ半分弱しか検査が終っていませんが?
「・事故から1年あるいは・・・」は、血液の異常も確認されており、免疫力が下っている状態であれば、
癌の進行も早いでしょう。

「甲状腺スクリーニング検査をするのは、益よりも害のほうが大きい。即刻中止すべきである。」
との事ですが、
チェルノブイリでは、甲状腺がんが肺などに転移する例もあったようです。
チェルノブイリでの検査・手術もやらないで、放っておけばよかったのでしょうか?

  • 2013/06/28(金) 16:44:42 |
  • URL |
  • 大庭孝広 #UzsS.eyA
  • [ 編集]

福島県外3県(青森・山梨・長崎)での子供の甲状腺有所見率調査を仕切って、福島県での嚢胞発生の頻度より高かった、福島県での数値は何も特別ではない、との結果を出したのは、水俣病認定訴訟の大阪地裁・高裁で原告の患者を水俣病に相違ないと断ずる医師に対して、それでは都合が悪いと繰り返し虚偽内容の意見書を出すように圧力をかけたのと同じ人物です。
環境省 参事官の桐生 康生(キリュウ ヤスオ 総合環境政策局 環境保健部 放射線健康管理担当です。

  • 2013/06/28(金) 16:48:17 |
  • URL |
  • 福島県の避難生活者 #mQop/nM.
  • [ 編集]

なぜ、「確定」者も」疑い」者も全員、チェルノブイリ事故で多発した乳頭癌なのかを考えるべきです。
それから、これは放射性ヨウ素 131 だけの分布ですね。しかし、132〜136 はこの10倍は出ていて、これらは 131 より放出力が強いのに、東電と国はデータを半減期が短いことをよいことに、無視しています。放出量をすこぶる小さく発表しています。
その上、この 131 は4月のものであって、既にかなり減衰しています。
しかも、これは土壌沈着の数値であって、雨が大きく関係し、飛散量ではありません。放射性ヨウ素はもっともっと大きい量がもっと広ーく拡散したのであって、近場であれば地域の人口に比例傾向があるのはむしろ当然ではないでしょうか。

  • 2013/06/28(金) 17:09:08 |
  • URL |
  • 福島県 #uaIRrcRw
  • [ 編集]

上記二人は同一人物です。
em114-48-155-239.pool.e-mobile.ne.jp

  • 2013/06/28(金) 19:26:03 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

度々すみません。
ヨウ素131の汚染地図と、甲状腺がんの数の図を載せていただいたのですが、
ヨウ素131の汚染と甲状腺がんの数の対比は、呼吸で吸いこんだ事との相関を見ようとしているのでしょうか?

ヨウ素131と言っても、飲食もありますし、飲食と言えばセシウム134、137もあり、
チェルノブイリでは、甲状腺へのセシウムの蓄積も問題になっています。
放射線半減期で言えば、セシウムの方が毒性は高いでしょうから、
この相関関係だけで物を言うのは危険だと思います。

私は、輸送機器 メーカーで品質の仕事を19年やらせてもらいましたが、
その経験から言って政府も福島も楽観的に考え過ぎで、
命に関わる事柄は、慎重すぎるぐらいでなければいけないと思います。

私のやっていた品質の仕事というのは、新機種の品質つくり込みを主にやっていましたが、
ポイントは
(過去トラの再発防止)・・・チェルノブイリの経験から検討するべき。
(FMEAなどの手法を用いた問題予測と未然防止)・・・被爆影響の色々な 説を参考にするべき。
です。

原発事故後の対応を見ているとその辺はデタラメだと思います。

  • 2013/06/28(金) 20:15:19 |
  • URL |
  • 大庭孝広 #UzsS.eyA
  • [ 編集]

度々すみません。
原子力安全・保安院が発表した核種にテルル4種があって、最初の150時間に5千兆ベクレル出たと主張していますが、この8割を占める 129mの半減期が33.6日で、これが放射性ヨウ素 129 に壊変しました。東北から関東の広い範囲で放射性ヨウ素の数値が盛り上がって、鼻の調子がおかしいとか、軟便が続くとか、騒ぎになって、南相馬市がこれを文科省に追及しましたが、騒ぎを怖れた文科省は福1原発から多少 出ているとか言ってごまかしたということがありました。
日本原子力研究開発機構が発表した上のマップにはこれが含まれていません。
放射性ヨウ素の全核種の吸引・飲食の実態は上のマップとはかなり様相が違うだろうと思いますよ。
今回の甲状腺癌の全てが原発事故由来かどうかは知れませんが、甲状腺の検査は福島県のみならずやるべきですし、この四半世紀のウクライナの報告などを見れば、健康被害は幼児甲状腺癌どころではなくて、ありとあらゆる障害に及んでいるわけです。

  • 2013/06/29(土) 00:23:29 |
  • URL |
  • 福島県の避難生活者 #nLnvUwLc
  • [ 編集]

「原発事故由来ではない。」はミスリードだと思います。事故前は統計で100万人に1人と言うことが判明しており、この数値は入念な検査に基づいて行われた物です。

ですので、100万に1人という事故前の数字が間違いであるという証明が出来ない無ければ、それ以上の発症率がある青森県なども放射能由来の可能性を完全否定することは出来ません。
事実、海外などの甲状腺検査結果を見ると、福島よりは圧倒的に低い数値となっています。

トルコ成人10万人の甲状腺エコー検査
http://www.hindawi.com/isrn/surgery/2011/257943/ 

内分泌学界 「甲状腺機能低下について」(平成20年) http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/10/dl/s1020-5b.pdf

  • 2013/08/30(金) 21:53:48 |
  • URL |
  • 愛知住民 #-
  • [ 編集]

じゃあ、何が原因なんですか?放射線以外に何が考えられますか?科学的根拠もなくこんなことを発言する者の精神構造が分からない。原発推進の立場で物事を考えているとしか思えないですね。人殺しにもなりかねないですね。

  • 2013/09/05(木) 15:23:51 |
  • URL |
  • 流浪の座敷わらし #-
  • [ 編集]

結論?

手術をするか、しないかは、見つかった癌細胞の状況をみてです。
総てを手術するわけでなく、ほっておいても良いものは放置です。
だから、甲状腺癌のほとんどは経過を見守ります。
(福島の場合は、手術を選択しているようですが、手術に至った状況を公表してくれないのでわかりません)

大体、比較のデータがない以上、何も今は言えないでしょうに。。。
数年検査しないと結論を導き出せないと思いますが、なざ?あなたは結論を急ぐのですか?

  • 2013/09/06(金) 12:52:07 |
  • URL |
  • 結論? #kkU9ek06
  • [ 編集]

もういい加減にしてください

医学的知識もないのに
もういい加減にしてください。

あたまおかしいんじゃないですか?

  • 2014/02/04(火) 08:59:32 |
  • URL |
  • 若ママ+子供3 #27Yb112I
  • [ 編集]

青森、山梨、長崎の子供はガンにならなかった

『・B判定割合が、福島23年度も24年度も青森も山梨も長野も、0.5から1.0%である。』とおっしゃいますが、青森、山梨、長崎(長野じゃなくて長崎ですよね?)のB判定の子供たちにはガン患者は出ませんでした。これはどのように説明するのでしょうか、早川先生。

  • 2014/02/04(火) 20:51:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

青森・山梨・長崎でB判定を受けた子どもがその後どうなったかは、公表されていません。がんだったとも、がんでなかったとも、判断できません。環境省は、その44人の子どもたちがいまどういう状態にあるか把握しているが、公表はしないと言いました。(長野を長崎に直しました。ご指摘ありがとうございました)

  • 2014/02/04(火) 21:43:56 |
  • URL |
  • 早川由紀夫 #eWKQhjJU
  • [ 編集]

「手術して生活の質が低下するだけだ。」
どんな風に生活の質が低下するのでしょうか?
私は甲状腺がんで手術をしましたが、特に生活の質が低下したと感じてませんが。
甲状腺がんの何を知ってそんな発言をしてるんですか?
医学を専門にしてない人からそんな事を言われたくありません。

  • 2014/05/12(月) 22:18:23 |
  • URL |
  • ら #-
  • [ 編集]

私も、福島の案件でも、手術した後の、子供たちのQL(生活の質)が悪くなったとは訊いていません。直腸を取り除く、大腸癌ではないのですから。今は、メスのキズも、最終的には、目立たなくなる時代です。それよりは、甲状腺がん。他の臓器に転移したり、進行性の早いものもありますから、見つかったら、早めに手術をすべきなのでは。http://www.med.nagoya-u.ac.jp/nyusen/sick/thyroid/t_cure_kind2.html
予後として、
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/nyusen/sick/thyroid/t_comp.html
が稀に出る場合がありますが、
徐々に改善されていきます。

  • 2014/06/08(日) 08:40:11 |
  • URL |
  • いえやす #-
  • [ 編集]

遅レス

>環境省が行った青森、山梨、長崎県で甲状腺検査を受けた4365人のうち精密検査で1人が甲状腺がんと診断された

遅レスで済みませんが、
この程度のデータで統計上信頼できるとは言えないのは、少なくとも確率論統計学を学んだ人達にとっては明白なことだと思いますよね。
この「たった一人」が見つかったことで、この調査陣は鬼の首を取ったかのように喜んだことでしょう。
この程度のデータで「福島と他県では差異がない」という結論を堂々と発表している時点で、最初から「福島と他県で差異がない」方向に結論を持っていこうという意志を感じざるを得ません。

  • 2014/08/02(土) 09:03:57 |
  • URL |
  • 遅レス #-
  • [ 編集]

追記

その青森県にしても、
六ケ所村の処理施設のwikiの「事故・故障」見る限り、なんでもない他県と同様に扱うには心もとない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4

もちろんwikiの情報が100%信頼できるというわけではないが、
福島での甲状腺ガン発生率が他県(該当県に青森含む)が同じだったから、手放しで原発は関係なかったと喜べるものではないことは言うまでもない。

  • 2014/08/02(土) 09:31:00 |
  • URL |
  • 遅レス #-
  • [ 編集]

検査拡大すべき

福一事故の影響による甲状腺癌発生リスクに対する国民の不安は高まるばかり。

問題ないと断言するための最善の策は、もっと広範囲で子供達の検診を実施する事。

きょうび、一所に留まらず、引越を繰り返す転勤族も多い世の中。事故当時に福島、茨城に住んでいた子供達のもっと詳細なdataを入手し、客観的に物事を捉えるべき。

たかが数百のdataで結論を出す事は馬鹿げている。

早期にdata収集を開始する事が、今後の経過を含めて人道的にも科学的にも有効なはず。

  • 2015/06/20(土) 20:42:10 |
  • URL |
  • dondon #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad