早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

福島県の超音波検査でみつかる甲状腺がん数の長期予測

2011-2013年 105人
2014-2015年  20人 
2016-2017年  20人
2018-2019年  25人
2020-2021年  30人

原発事故時に子どもだった36万人を2年に1度検査する計画をこのまま継続すれば、2021年までの10年間で200人に甲状腺がんがみつかるだろう。そのうちの半分が2013年までの初回にみつかる。

事故前からあった既存がんの掘り起こしが2013年までの初回でほとんど済む。2014年から始まる2巡目以降では、被検査者が年齢を重ねたことによって生じた新しい甲状腺がんが、年を追うごとにしだいに数が増えてみつかる。

2011年3月の原発事故に起因する甲状腺がんは、初回と2巡目はゼロ。3巡目以降でも2割を超えないとみる。

・関連まとめ 「福島県における超音波検査と甲状腺癌」(Jacobの2014年1月9日論文)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/12/01(火) 10:31:11 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad