早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

実効線量の実測比較(2013年10月~2014年1月)

東京を1とすると、福島は4、長泥は48 



芝生の上1メートルで測った私の地図では、東京0.1uSv/h、福島2uSv/h、長泥8uSv/hだ。東京を1とすると、福島20、長泥80だ。福島の実測がこれよりかなり小さいのは、コンクリートとアスファルトに覆われた都市であることと(若干の)除染効果であろう。

福島の0.23uSv/hに24時間365日をかけると、年2.0ミリシーベルトになる。ガラスバッヂは自然放射線分0.5ミリを引いて報告されるから、この結果は福島とその近傍のガラスバッヂ報告とよく合致する。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad