早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

原子力発電所の火砕流リスク

ツイッターまとめ

リスク評価(科学)

原発が火砕流で埋まったらどうなるか

カルデラ破局噴火のタイミングと予知可能性

六ヶ所村の再処理工場と十和田湖からの火砕流 (2014年1月19日)
施設に火砕流が到達すると同程度の深刻な結果をもたらすと仮定すると、火砕流の発生頻度がリスクを決める。1万5000年前の八戸火砕流のリスクを1とすると、2万8000年前の入戸火砕流のリスクは0.54、10万5000年前の洞爺火砕流のリスクは0.14だ。

地質学者の白昼夢 (2014年1月22日)
南九州で次に起こる火砕流が川内原発を飲み込んだらどうなるか、想像してみた。

リスク管理(政治)

本気で1回議論する? カルデラ破局噴火のリスク管理

火砕流みたいなものに対して、どうせ来たら全滅するようなところで原子力発電所が事故を起こしても、これは諦めるしかない
原子力規制委員会の平成 25 年 3 月 28 日会合で出た意見。

川内原発とシラス噴火 井村先生、参議院内集会でお話

原発の再稼働を決めるのは誰か
あるべきプロセスと責任の所在は、
1)専門家がリスク評価をする。
2)そのリスク評価を加味して、政治家がリスク管理する。再稼働するかどうかを決断する。
3)すべての責任は政治家にある。
4)専門家に責任はない。あるのは、説明責任のみ。

カルデラ破局噴火を直前に察知して避難できるか
個人としてでなく、日本社会としてどうかを検討した。原発との関係も議論した。

原発とカルデラ破局噴火

低頻度大規模事象の扱いは、単純なリスク比較だけでは不十分。(2013年12月22日)
リスクが大きくても極低頻度なら、無視したほうがよいような気がする。もし対策すると莫大なカネがかかる。その費用負担に社会が耐えられないのではないか。社会を崩壊させてまでリスク管理するのは本末転倒だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad