早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

火山災害の種類とリスク

月刊地理5月号の特集「火山災害は噴火だけじゃない」に、小論「火山災害の種類とリスク」を寄稿しました。古今書院の許可を得て全文pdfファイルを公開します。

177615.jpg chiri.png

table8.png

火山災害のリスクは、私たちがよく目にする噴火によるもの、すなわち高温マグマに直接よるものは小さい。噴火と無関係に大雨によって火山斜面で発生するラハールのリスクが無視できない。日本列島で100年に1回起こる既存火山体の崩壊による土石なだれのリスクが中程度に大きい。途方もない量のマグマを火砕流として地表に一気に噴出するカルデラ破局噴火は日本列島で1万年に1回しか起こらないから、私たちはそれをまだ目にしたことがない。しかし、そのリスクが火山災害リスクの中でずば抜けて大きい。このような低頻度大規模災害リスクに現代社会はどう立ち向かえばよいのか、現時点ではよくわからない。そのときが来る前に考えを深めておく必要がある。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad