早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

福島県の子ども甲状腺がん数(1巡目)の予想

福島県からの次の発表をいつも待っているだけではいけないと思って、1巡目で最終的にみつかる甲状腺がん数を反証可能なかたちで予想してみた。

二次検査の進みがまだまだの25年度は、年齢階層別の「がん/一次検査受診者」比を使って計算して積算した。がん率は年齢だけに依存して、放射能汚染との相関はないとした予想である。がんは最終的には103人になる。

玄妙予想では104人になる。玄妙予想は、「がん/一次検査受診者」比の算出に24年度と25年度だけを使ったのと、事故時年齢ではなく検査時年齢を考慮した。2日前に公開した私の予想を改良したものである。

0615.png

ここで予想したがん数は、26年3月31日までの1巡目でみつかるがんの数を言う。二次検査そして細胞診に進んで、がん判定が全部終わるのは27年3月頃になるとみられる。26年4月からすでに始まっている2巡目でみつかるがんの数は含まない。

現時点で言えること。25年度(いわき市以外)のがん数が最終的に16程度であっても、がん率に地域差があることにはならない。放射能汚染との相関があることにならない。会津地方は11歳以上の受診比率が他所より有意に少ないから、がん数が減っておかしくない。がん率は年齢に大きく依存する。高年齢はがん率が高い。

【結果判定】 合計103はピタリ当たったが、その内訳はやや外れた。ただし、その外れ具合は、がん率と放射能汚染に相関はないとした仮説を反証するほどではない(2014年8月24日)。


計算に使用したデータ

Brp0uiUCEAEx4W3.png

細胞診によってみつかるがんの割合は、年度で、つまり地域で変わらない。どこでも約20%ががんだと判定される。


jusinritu2.png

25年度の16-18歳の受診率は、いわき市42%、それ以外24%と、低い。この低さがこの地域のがん率を有意に下げる。「それ以外」の受診率は、「25年度全体」と「いわき市」から計算した。


hiritu.png

がん/検査比とB/検査比が年齢とともに顕著に増加するのはよく知られているが、がん/Bも年齢とともに(桁が変わるほどではないが)増加する。


BtC_IOPCQAAVh_y.png 
事故時ではなく、検査時年齢によるがん率(玄妙)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad