早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

福島県の子ども甲状腺検査(1巡目)の結果検討

2014年8月24日、福島県が行っている子ども全員甲状腺エコー検査の1巡目の結果が報告された。検査は23年度から25年度まで、3年間かけて行われた。6月30日時点での集計だから、検査が最後に回った会津地方の結果がまだ完全には出そろっていないそうだが、大勢は判明している。いまこそがこの結果を検討するにふさわしいと考えた。

30万人を調べて福島県がみつけたがんは103例である。

jusinritu2.png

23年度の受診率はどの年齢階層も7割を超えるが、25年度の受診率は高年齢でとくに低い。16-18歳は3割しか受診していない。甲状腺がんは年齢を重ねると急激に増える傾向があるから、(事故当時)11-18歳だった受診者だけのがん割合を検査年度(すなわち地域)ごとに調べた。11歳未満のがん数は103例中わずか7例だから無視できる。103例すべてを11-18歳として扱って割合を計算した。

nenreibunnpu.png 福島県2014年8月24日発表資料から

3times.png
・がん数は11歳未満も含む。ただしそれは103例中、わずか7例である。
・16-18歳のがん率は11-15歳のそれの3倍だから、16-18歳受診者数の3倍と11-15歳受診者数の和を分母として割合2を計算した。
・データは福島県2014年8月24日発表資料から。

どの地域も、1万人あたりのがんは7~10人の中に入る。地域差は認めにくい。「25年度(それ以外)」は、放射能汚染が軽微だった会津と八溝である。この地域は今回の検査で対照群の役割を果たすだろうと当初から見込まれていた。今回得られた結果は、弱汚染地域でも強汚染地域でも、がん割合が変わらないようにみえる。年齢効果を補正した割合2で比較すると、弱汚染地域である会津地方のがん割合が強汚染地域である浜通りのそれより高い。

福島県の子どもの甲状腺がんは、原発事故前からあったものが、精密なエコー全員検査をしたせいでみつかったと解釈するのが妥当である。こういった(自覚症状のない)潜在がんが子ども1万人に3~4人もある事実は、今回初めてみつかった。医学は進歩したが、その陰で、58人の子どもたちののどにメスが入れられた。手術はこれからも行われるらしい。

上の検討は原発事故から検査までに経過した時間を考慮していない。受診者が年齢を重ねたことによって増えたがんをここから差し引く必要がある。(検査が最後に回った会津と八溝でのその差し引き数は、検査未了のためこれから増える数と相殺する程度ではなかろうか。)

AS20140823002885_comm.jpg
福島県2014年8月24日発表資料を朝日新聞が図化した。


5月19日発表資料と8月24日発表資料の比較

Bv25h5uCEAA1KTM.jpg

Bv29fKBCIAA_kfW.jpg
@KutaroMichikusa

22table.png


22map.png

上表の割合3を地図上に落した。被ばく時11-15歳(検査時12-16歳)10万人あたりのがん数に相当する。検査時期のずれを考慮した。県北の南相馬市・伊達市・福島市のがん数が小さいことがわかる。 三県調査の結果を同様に分析すると35になる。県北三市と同じような数字だ。(16-18歳のがん率を3倍から2.2倍に変更して2015年6月9日に図差し替え)


05182.png
福島県13市における11-15歳のがん率と検査日の関係。割合2。時間変化があるように見える。


22graph.png

福島県13市における11-15歳のがん率と検査日の関係。割合3。検査時期を考慮したら時間変化が見えなくなった。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/09/08(月) 14:08:10 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad