早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

御岳山2014年9月27日噴火

map1001.png
御岳山2014年9月27日噴火地図 
・火口(赤ダイヤモンド)
・火砕流(ピンク)
・火山弾(黄)火口からおおむね1km
・降下火山灰1cm(青線)。1cm線で測ると火山灰総量50万トン。
・山小屋

ash092906.png
降灰分布図(2014年9月27-28日) 1 g/m2と0.1 g/m2に色分け。いずれで測っても火山灰総量2万トン。
ツイッターによる火山灰報告

作業用グーグルマップ これが最新状態です。

噴火開始時刻
2014年9月27日(土曜日、晴れ)11時53分03秒

噴煙の高さ
・VAAC Tokyoは27日1235の噴煙をFL370と報告した。11kmだ。
ERUPTION DETAILS: VA AT 20140927/0335Z FL370 EXTD E REPORTED

火砕流が流れた距離
地獄谷に開いた主火口から谷に沿って南に2.3km下った。

噴出物
岩石が飛び散って、粘土が降った。

噴出量
・近傍の降下火山灰1cmで測ると50万トン
・中距離の降下火山灰1g/m2で測ると2万トン
・遠方の降下火山灰0.1g/m2で測ると2万トン
したがって降下火山灰は20万トンと見積もられる。これは1979年10月噴火と同じである。
・火砕流が覆った面積は3.3km2。平均厚さ10cmとすると30万トン。
両者を合算すると、9月27日の噴出総量は50万トン。

63人。噴火口の北東500mにある剣ヶ峰(3067m)付近にいた登山者。ほぼ全員が火山弾に打たれて死亡したとみられる。すばらしい好天に恵まれた秋の土曜日の正午前だった。

(ここまで、2014年9月29日6時)

ツイッターまとめ
その1 火砕流
その2 火山灰の広がり
その3 心肺停止

参考にした資料

BygovVOCEAApxkU.jpg BygqDJQCAAA14tz.jpg 国土交通省

Byg7zx2CcAIl0jS.jpg AS20140927003071_comm.jpg 朝日新聞

ByguAfHCIAAump7.png NHK

ByiwVe5CEAEkXnG.jpg BynKI8KCcAEUaY4.jpg うさはかせ(左上は1979年噴火写真)

共同通信動画
アジア航測2014年9月28日10時空中写真
国際航業9月28日写真(岐阜県側の火砕流、30日11時追加)

5D5A0370.jpg 国土地理院

BypAUOAIIAApVwB.jpg NASA

Byk3Q-DCYAAbRKx.jpg @kritayuga

img_d756dbcee225606947ffd293577728c2376822.jpg アフロ/東京経済

AS20140928002712_comm.jpg AS20140928002748_comm.jpg 
左:御嶽山山頂付近の山小屋には灰が降り積もり、屋根が崩れた部分もあった=27日午後5時13分、桜井聖一さん提供(朝日新聞)
右:御嶽山山頂付近の山小屋内部。床は灰が積もり、照明は落下していた=27日午後5時6分、桜井聖一さん撮影(朝日新聞)

mainichi001.jpg mainichi002.jpg 毎日新聞、10月4日

r34358_39_satellite_image_pleiades_mount-ontake_japan_20140930-2_2000.jpg Sept. 30, 2014. CNES 2014 – Distribution Airbus DS / Spot Image

lif1509020030-l2.jpg
山頂付近で石像の石垣に寄りかかり救助を待つ女性。28日11時31分、産経新聞ヘリから大山文兄・写真報道局編集委員が超望遠レンズで撮影。2014年東京写真記者協会賞(グランプリ)受賞。

funseki20140929.jpg 東京新聞

AS20140927002338_comm.jpg 19791029_2.jpg 朝日新聞号外、1979年10月噴火



以下、出所不明

Byk0reZIQAAq8GQ.jpg

ByjFndACYAAXkv7.jpg

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/09/28(日) 19:41:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad