早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

なぜ63人もの死者が出たか

2014年9月27日の御嶽山爆発で、火口から1キロまでの地表に衝突クレーターがたくさんできた。しかしその直径はどれも小さい。せいぜい1メートルだ。上空8キロまであがった火山れきが落下してつくったとみられる。

もし火口から弾道軌道を描いて空中を飛行した火山弾がつくったのなら、直径10メートルに達する大きなクレーターができたはずだ。直径1メートルの火山弾はふつうだし、大きいほうが遠くまで飛ぶから。

大きなクレーターがみつからないことは、火山弾が地獄谷から外にほとんど出なかったことを意味する。死者63人は地獄谷から飛来した火山弾に押しつぶされたのではなく、高空から落下した火山れきにあたって絶命したと考えられる。

(表面にクレーターが生じている火山灰は火砕流によって堆積したのだろう)

9月27日の御嶽山爆発は、ごくふつうの水蒸気爆発だった。なのになぜ63人もの死者が出たか。

  1) 秋の好天の土曜日の正午前だったので、山頂付近に200人もの登山者がいた。
  2) 風が弱かった。上空8キロまで上がった小石が拡散せずに狭い範囲に降った。
  3) 弱い風向きが、ちょうど山頂方向だった。

想像できる限り最悪の条件が3つ重なった結果だった。火口から上空8キロまで噴き上がった多数の小石が、山頂の剣が峰を目指して落下してきた。そこに登山者200人がいた。致死率3割だった。

63人の登山者を殺した火山エネルギーは、火口から飛び出した小石の運動エネルギーではなく、上空8キロまで上昇を可能にした噴煙の熱エネルギーだった。

火口上8キロにも噴煙柱が達したのは、地表に広がった火砕流の表面から発生した熱によるところが大きい。小石を8キロ(近く)まで押し上げた浮力の多くは火砕流が持っていた熱から生じた。つまり、火砕流が直接飲み込んだ登山者は1人か2人だったが、間接的に60人の登山者を死に至らしめたと言える。

ツイッターまとめ 
御嶽山63人の死因考察 火山弾か火山れきか
Ontake 2014 Death Toll


20140927-OYTSI50221-L.jpg その日の夕刻、火山灰に覆われた山頂付近を点検する人たち。王滝頂上。(27日午後4時58分、読売ヘリから)=川口敏彦撮影

20141001-OYTSI50001-L.jpg まごころの塔の周辺に落下した無数の火山れきが火砕流堆積物の表面につくったクレーター(9月27日、読売ヘリから)=川口敏彦撮影

afr1409280053-p4.jpg 大山文兄(産経新聞)9月28日午前

B0m3fr0CAAAv1gY.jpg 北國新聞、10月23日。火口から1.2キロ離れた二の池本館に直径30センチの火山弾が届いた。

001_201410271035512e5.jpg 毎日新聞10月27日

ontake02.jpg
噴煙を上げる御嶽山の火口=27日午後2時13分、朝日新聞社ヘリから、池永牧子撮影

ontake05.jpg
噴煙を上げる御嶽山の山頂付近の山小屋は、火山灰に覆われていた=27日午後2時13分、長野県木曽町、朝日新聞社ヘリから、池永牧子撮影

ontake06.jpg
噴煙を上げる御嶽山火口付近の山小屋は、火山灰に覆われた=27日午後2時18分、朝日新聞社ヘリから、池永牧子撮影

ontake22.jpg
御嶽山火口付近の登山道は火山灰に覆われ、登山者が座り込んでいた=27日午後4時7分、長野県王滝村、朝日新聞社ヘリから、池永牧子撮影

ontake17.jpg
御嶽山の南側にぽっかり空いた噴火口からは勢いよく噴煙が上がっていた=27日午後4時44分、長野県王滝村、朝日新聞社ヘリから、山本正樹撮影

捜索 出所不明

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad