早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

はしかの疑いで修学旅行生を隔離 カナダ

アサヒコム

修学旅行生、カナダで「隔離」 はしか流行、海外に波紋
2007年05月30日09時57分

 カナダを修学旅行で訪れた東京都内の高校2年生の一行で、生徒の1人がはしかのような症状を訴え、病院で治療と検査を受けていることが29日、わかった。残りの生徒らは滞在先のホテルに一時「隔離」され、感染検査を受けたという。カナダでははしかの発生率は非常に低く、現地メディアも今回の事態を報道。はしかの流行が海外でも波紋を呼んでいる。

 現地の保健当局と学校関係者によると、一行が24日にカナダ入りした後、女子生徒の1人が発熱と発疹の症状を示し、バンクーバーの病院に入院した。残りの生徒123人と教員、添乗員らは移動先のバンフのホテルで保健当局から待機するよう指示を受け、血液検査を受けた。女子生徒の診断結果はまだ出ていないが、残りの生徒らには感染者がいないことがわかり、29日は観光などの日程をこなしたという。

 バンクーバーの保健当局の広報担当者は「カナダでは、はしかの感染率は非常に低い。日本では流行していると聞くが、私たちにとって今回は異例の事態だ」と話した。



この隔離は、緊急時における私権の制限を考えるときの事例としてたいへん興味深い。

・リスクの認識と評価と管理
・当局側による強制
・当事者への金銭補償

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/68-be62be9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad