早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

白馬大池

風吹大池は,白馬大池火山の一部です.溶岩ドームとそれを切っている爆裂火口地形が新しい.小敷池・科鉢(しなはちの)池などが爆裂火口です.風吹大池は,馬蹄型崩壊地形と溶岩ドームとの間のくぼみに水が溜まったものです.

風吹天狗原などの湿原に泥炭層があり,その間に厚さ2-5cmの粘土質火山灰が挟まれていますが,火山礫がまったくみつかりません.これは遠方(立山?)から飛来したテフラのようです.

結論:風吹大池の爆裂火口は泥炭層より古いらしい.泥炭層の形成開始はだいたい8000年前頃だろうから,白馬大池火山は完新世火山ではない可能性が濃厚である.ただし,溶岩ドームの地形が新鮮だから,後期更新世に噴火したと考えられる.推定最後噴火年代は2万年といったところか.

よその火山:八幡平にも同様の爆裂火口があるが,それも周囲の泥炭中に噴出物がないという.八幡平も完新世火山ではないのだろう.

(1997.8.23調査)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad