早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

鳥海山

◆鳥海山1998.10.6

鉾立から登りました.御浜までの登山道はたいへん親切に整備されていました.近い
将来,雅子さまがお登りになるのかしらと思ったほどでした(羅臼岳の岩尾別登山道
はまさにそのために改良されました.平が岳登山道では物議をかもしています).

さて1450mふきんのそうした石畳のすきまからオコジョが顔を出しました.地下にほ
どよいトンネルがあるらしく,私をさほど恐れることなく,いろんなすきまから出た
り入ったりしていました.

そのあたりはササ原でした.よほど積雪が厚いのですね.ブナは標高1300mくらいで
なくなります.さすが東北の山です.上越の山なら1600mまでブナがある.

1500m ふきんで十和田915火山灰をみました.厚さ1センチほど.10cmの泥炭に覆われ
ていました.

鳥海はタフリングです.鴬色のスコリアからなります.扇子森の東斜面の上に5mほ
どの大石がのっていますが,これは鳥海湖の噴火のときに吹き飛ばされてきた石でし
ょうか?700m 程の距離です.

鍋森溶岩ドームは完新世だと思いました.鳥海湖タフリングは完新世の古いほう.扇
子森南の溶岩ドームは更新世末期だろうと思いました.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad