早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

集落に迫るキラウエア溶岩流

Lava Flow Hazard Assessment, as of August 2007, for K?lauea East Rift Zone Eruptions, Hawai‘i Island
By Jim Kauahikaua

7月21日にキラウエアに開いた新しい噴火口からの災害予測を解説した12ページの文章です。著者はハワイ火山観測所の所長です。

> Although they pose no immediate threat to communities, changes in flow behavior could conceivably cause future flows to advance downrift and impact communities thus far unaffected.
いまただちに脅威はないが、溶岩流の挙動が変われば、集落に被害を与える可能性があると述べています。

図1 水系図。地形の最大傾斜方向を示す。
図2 地質図。地表をつくる溶岩を年代別に色分け。
図3 現在の溶岩流の到達範囲。
図4 噴火口の写真

図はすべて事実(ファクト)です。溶岩流災害が起こるかもしれないと心配されるこのような初期に、地質図を初めとするファクトを示す姿勢を、わが国も見習いたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/78-478f7bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad