FC2ブログ

早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

噴火から8ヵ月後の火山灰

湯釜の噴火警戒レベルが1になって志賀草津道路が開通したので、8ヵ月前の本白根山噴火で降り積もった火山灰を見に行った。

白色粘土質だった。草津白根山ではごくふつうだ。噴火地点が本白根山と特異だったが、噴火様式はとくに変わったものではなかった。過去1万年間に何度も繰り返したタイプの噴火だった。


青葉山駐車場脇の1月23日火山灰。駐車場アスファルトから人為によって集められたと思われる。

DnvTrW7UUAAl_bI.jpg
富士見台の地表。自然のままだと厚さ5ミリほど。自然のままだと言っても厚い積雪の上に降り積もった火山灰だから、地表に定着する前に動いている。厳密な意味で降り積もったまま、ではない。

DnxFtIwUwAEoG4D.jpg
新しくできた噴火口から960メートル地点にある富士見台駐車場につくられたコンクリート・シェルター。


8ヵ月後の噴火割れ目

DnvgB36UcAAx3j2.jpg

DnvgM3nUUAArUdx.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad