早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

噴火警報(2)

いま元気な火山だけが深刻な噴火災害を起こすのではない。これは、世界的にもよく知られた事実だ。最近では、1991年にフィリピン・ピナツボ火山で起こった噴火がそうである。インドネシア・タンボラ火山で1815年に起こった史上最大の噴火もそうだった。

1000年以上の長い沈黙を破って被害甚大な噴火をした日本の例
(火山、噴火年、犠牲者)
・磐梯山、1888年、461人
・樽前山、1667年、不明だがおそらく多数
・有珠山、1663年、5人(おそらくもっと多い)
・北海道駒ヶ岳、1640年、700人以上

噴火警報は、むしろ長い眠りから覚めたこのような火山にこそ必要だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/86-f0183b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad