早川由紀夫の火山ブログ

Yukio Hayakawa's Volcano Blog

浜岡原発の運転差し止め請求

静岡地裁が26日、浜岡原発の運転差し止め請求を棄却したという。報道によると、浜岡原発が設計に利用した想定震度には学術的根拠が十分に認められるというのが理由だそうだ。しかし、きわめて専門的なこのような学術判断を非専門家であろう司法人にさせてよいか、疑わしい。

学術の適否は専門家に判断させるべきであり、司法人ができること(すべきこと)は、手続きに不備がなかったかの判断だけだ。

今回の場合は、中部電力が採用した想定震度が、経済産業省原子力安全・保安院が定めた「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」に合致するかどうかが争われたようにみえる。このような高度に学術的な判断を、地震素人であろう司法人ができるとは思えない。手続きの可否については司法の場で争うのが適当だが、想定震度が指針に合致するかどうかの判断は審査機関を(原子力安全・保安院が)新たに設けてそこで審査すべきだ

原告は、裁判では、想定震度の可否を争うのではなく、浜岡原発で事故が起こったときの補償を争うのがよかった。もし事故がおきてからでは遅いというなら、事故が起こるとどのような被害を受けるかをきわめて具体的に示す立証責任があった。そして、事故が起こる確率を添える。これこそ、まさにリスク・コミュニケーションである。

とはいっても、この地裁判決にはそれ以前のレベルの問題もあったようだ。宮岡章裁判長は、「東海地震だけでなく東南海・南海地震と連動した場合にも耐震安全性が確保されており、原告らの生命、身体が侵害される具体的な危険性は認められない」と述べたそうだ(読売新聞)。この裁判長はゼロリスクの存在を信じている。今回の原告は、不運な裁判長に当たってしまったようにみえる。

(原告の請求内容を調べないまま書いていますから、もしかするとこの文章には私の無知による不適切があるかもしれません。)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipuka.blog70.fc2.com/tb.php/87-6bb782a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad